【鬼滅の刃】「最終回発情期」(ファイナルファンタジー)発生!?カップリング候補まとめ!!

鬼舞辻無惨との死闘も終わり、クライマックスを迎えた「鬼滅の刃」!

社会現象も巻き起こした人気絶頂の作品だけに、このまま最終回を迎えるか、それとも続編や新展開に発展するのかが注目されています。

一方で、当初の目的である鬼舞辻無惨討伐は完了し、節目を迎えた今、「鬼滅の刃」が最終回発情期(ファイナルファンタジー)に突入したと話題になっています!

ということで、今回は「鬼滅の刃」最終回発情期に伴う、カップリング候補たちをまとめてみました!

  ※この記事は週刊少年ジャンプ最新刊(鬼滅の刃204話)のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。

最終回発情期(ファイナルファンタジー)とは!?

と、カップリング紹介に入る前に、そもそも「最終回発情期」(ファイナルファンタジー)とは何でしょうか?

https://twitter.com/TAKANEKUROHA/status/1259628974415638528

最終回発情期(ファイナルファンタジー)とは、『銀魂』で登場した空知英秋が造った用語です。

『銀魂』の用語解説によると、最終回発情期(ファイナルファンタジー)とは「漫画の最終回近くになって、急にキャラたちのカップリングが頼律する状態のこと。しゃべりかけただけでフラグが立つ。」ことを指すそうです。

さすが空知先生、読み方含め、ネーミングセンスが天才すぎます(笑)

これ、本当に漫画やアニメ、ゲームなどでありがちな現象で、「最終回発情期」がトレンド入りしたことで週刊少年ジャンプ作品をはじめ、様々な作品の「最終回発情期(ファイナルファンタジー)」現象を連想する人がネット上で盛り上がっていました。

https://twitter.com/HOTARUMARU_2018/status/1259618456053223424

ナルトとか幽遊白書、ムシブギョーやから犬夜叉など、みなさん思い入れのある作品に言及していました。

ちなみに記者的にはガンダムXがそれっぽいかなぁと思いました(笑)

鬼滅の刃 カップリング候補一覧

それでは『鬼滅の刃』カップリング候補を紹介していきましょう。

竈門炭治郎×栗花落カナヲ

こちらはド定番、主人公&ヒロインのカップリングですね。

『鬼滅の刃』の女性メインキャラクターは禰豆子が引き受けていた感じがしますが、鬼殺隊入隊後は徐々に接触機会も増え、描写としても「カナヲが炭治郎が気になっている」という表現も多かった気がします。

一緒に桜の木を眺め、隣にいるカナヲに対して「優しい」と感じた炭治郎。もうここのカップリングはよほどの事がない限り安定でしょう。

伊黒小芭内×甘露寺蜜璃

最終決戦で惜しまれながらも帰らぬ人になってしまったので、「最終回直前」という条件からは少々外れますが、クライマックス~大団円にかけてのカップリングラッシュの発端となったのは間違いないでしょう!

というか、『鬼滅の刃』登場キャラクター同士(親とかは除く)で正式にカップリングとして成立したのは伊黒&蜜璃が最初ですからね、是非ともあちらの世界で二人で幸せな時間を過ごしてほしいと思います!

嘴平伊之助×神崎アオイ

アオイの作ったご飯を嬉しそうに食べる伊之助。

今回の「最終回発情期(ファイナルファンタジー)」騒動の中核はここでしょう!

「盗み食いはやめて、このお盆のを食べて」と、しっかり面倒をみてくれるアオイの後ろ姿を見つめる伊之助は確実にホワホワしていましたね(笑)

ここは「このままくっ付いて欲しい!」という願望込みの幸せそうなカップリングという感じがします。

不死川実弥×竈門禰豆子

戦いが終わり、無事に帰還した禰豆子を見て、微笑みながら禰豆子の頭を撫でる実弥。

禰豆子は禰豆子で頭を撫でられて照れてるし、実弥の微笑みがまぶしすぎるしで、ここでキュンときた人が多数の模様です。

ただし、ここはカップリングというよりかは「和解」という表現がふさわしいのかな、と。

鬼を毛嫌いし、鬼化していた禰豆子を実弥さんは刺してしまっていたので、その件の謝罪という意味が強いのかなと。

我妻善逸×竈門禰豆子

204話で実弥と禰豆子のやりとりを悔しがりながら柱の陰から見つめるだけの善逸ですが、禰豆子の好みのタイプ「飛車みたいな人」というのが善逸の特徴とバッチリあっているので、ここはやはりブレずに善逸が禰豆子とくっつくのは確定ではないかと予想します。

実弥は禰豆子を通して玄弥を見ていたような描写もありましたので、ここは恋心はないでしょう。

まとめ

ということで、『鬼滅の刃』204話の展開から、「最終回発情期」という実に適切な表現がネット上を賑わせましたが、殺伐とした鬼たちとの死闘を終え、鬼殺隊たちに幸せムードと恋愛フラグが咲き乱れているのは心が温まりますね!

それにしても作品が終わってもなお思い出されるキャッチーな用語を後世に残した『銀魂』と空知先生のセンス、凄すぎますね(笑)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする