【FGO】新聞広告まとめ!上毛新聞や埼玉新聞が話題の5周年記念広告企画第1弾!

読売新聞:広告ページ(管理人撮影)

2020年5月4日、『Fate/Grand Order』の5周年記念広告企画「under the same sky」がはじまりました!

「全47都道府県の名所にサーヴァントが訪れる」というコンセプトの元で描き下ろされたイラストが新聞各紙に掲載されます。

各紙が発行されている地域の名所にFGOに登場するキャラクター(サーヴァント)達が訪れており、上毛新聞や埼玉新聞を始めとした各紙がネットで話題になっています!

今回は、5/4 第1弾で掲載された新聞各紙の広告画像のまとめを紹介します。

第1弾 5/4 新聞広告まとめ(関東地方)

5/4掲載の第1弾は関東地方を中心とする11紙でした。

読売新聞:マシュ・キリエライト

場所:渋谷スクランブルスクエア(東京都)

「あぁ、まるで地上の星空のようです!」マシュ・キリエライト

FGOのメインヒロイン・マシュは東京の最新話題スポット・渋谷スクランブルスクエアの屋上にて!ドレッシーな姿が東京の夜景にピッタリですね!マスターの手を引こうとするポーズもヒロインらしくってGOODです!

東京新聞:アルトリア・ペンドラゴン

場所:東京タワー(東京都)

「眠らぬ街の人々に、尊敬と、祝福を」アルトリア・ペンドラゴン

絢爛と輝く東京タワーを中心とした大都会の夜景とセイバー(アルトリア)の組み合わせです。夜の冬木市で戦っていたFate/Stay NightやFate/Zeroの光景にどこか重なりますね。マントや王冠はいつもの通りですが、こちらのヒロインも純白のドレス姿でとってもオシャレです!巷では「東京タワーがロンゴミニアドみたい」との声も(笑)

神奈川新聞: レオナルド・ダ・ヴィンチ

場所:横浜赤レンガ倉庫(神奈川県)

「いいね、趣きバッチリ!フィレンツェみたい!」レオナルド・ダ・ヴィンチ

FGO第2部で大活躍のロリンチちゃんことレオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)は神奈川県有数の観光スポット・横浜赤レンガ倉庫です。元々倉庫だった施設を改良して作った西洋風の建造物がとっても映えますね!まさに「育ちの良いお嬢さん」といった雰囲気がぴったりです!実際にはお嬢さんではありませんが(笑)

埼玉新聞:エレシュキガル

場所:首都圏外郭放水路(埼玉県)

「現世の地下も、中々のものなのだわ!」エレシュキガル

エレシュキガルちゃんはアニメや特撮の聖地としても有名な通称・地下神殿こと首都圏外郭放水路をチョイス!「冥界の女主人」のエレシュキガルちゃんにピッタリのスポットですね!とってもおめかしした現代風のファッションが可愛いですね!

千葉日報:ゲオルギウス

場所:農耕の滝(千葉県)

「心が落ち着きます。ここには善い光がある」ゲオルギウス

聖人として名高いゲオルギウスさんは千葉県にて農耕の滝とコラボレーション。大自然に溶け込む姿は優雅そのものです。セリフにある通り、綺麗な光が差し込む場所がゲオルギウス先生がこの場所に惹かれた所以でしょうね!

茨城新聞:加藤段蔵

場所:偕楽園の梅(茨城県)

「これは…!まさに幻術要らずでございます」加藤段蔵

段蔵ちゃんは茨城県は水戸市が誇る名勝・偕楽園です!梅や桜の名所である偕楽園、満開の花を背景に佇む段蔵ちゃんは和服姿も相まってとても綺麗な一枚に仕上がっています!こういう構図に和風サーヴァントはピッタリですね!

下野新聞:玄奘三蔵

場所:華厳の滝(栃木県)

「華厳だなんて、うんうん、ありがたい滝ね!」玄奘三蔵

https://twitter.com/kazunori_34/status/1257060082304466944

仏教用語である【華厳】 《仏になる修行を華にたとえ、その華で仏の位を飾る意》は、 多くの修行・功徳 (くどく) を積んで徳果が円満にそなわり、仏になることを意味します。ということで、「華厳の滝」は仏教僧である三蔵ちゃんにピッタリのスポットですね!

上毛新聞:ベディヴィエール

場所:尾瀬ヶ原(群馬県)

「ふふ。これほど穏やかで楽しい道は、そうないかと」ベディヴィエール

歌も有名な自然豊かな群馬の名所・尾瀬ケ原はベディヴィエールです。穏やかな性格のベディヴィエールが好きそうな楽し気な散歩道が続きます。水源豊かな地形はアーサー王伝承の地である湖水地方とも近かったりするのかもしれませんね。

山梨日日新聞:ポール・バニヤン

場所:富士山&山中湖(山梨県)

「キレイで大きい!座るのに、ちょうどいいね」ポール・バニヤン

日本一の山、富士山に寄り添うのはポール・バニヤンです!規格外の大きさを持つサーヴァントにとっては、富士山くらいが「座るのにちょうど良い」のでしょう!バニヤンの絵柄も相まって、他の美麗イラストとは異なり可愛くポップなテイストに仕上がっています。

静岡新聞:葛飾北斎

場所:茶畑と富士山(静岡県)

「こっからってのはとと様も描いてねぇだろぉ?」葛飾北斎

北斎ちゃんの宝具にもなっている「富嶽三十六景 」はその名の通り、富士山をモチーフにした名所絵集ですね!セリフから「とと様(実際の葛飾北斎)がまだ描いていない」富士見スポットを探していたら、綺麗な茶畑に出会った・・・といった所でしょうか。

信濃毎日新聞:キングプロテア

場所:中央アルプス(長野県)

「ふわふわで・・・・とても落ち着きます・・・・」キングプロテア

バニヤンに続き、規格外サイズのサーヴァントであるキングプロテアは中央アルプス槍ヶ岳と雲海に囲まれての一枚です。雲海の中で体育座りでくつろいでいる姿と、穏やかなセリフにとっても和みますね!

まとめ

第1弾 5/4の新聞広告は関東地方が中心の11紙の新聞が対象となりました。Fateシリーズのメインヒロインであるセイバーことアルトリアが東京タワー、FGOのメインヒロイン・マシュが渋谷スクランブルスクエアと、シリーズの2大ヒロインが揃って首都・東京を抑えているのはさすが!

一方、尾瀬ケ原(上毛新聞)にベディヴィエール、首都圏外郭放水路(埼玉新聞)にエレシュキガルなどと、地方の名所と人気キャラクターとのコラボレーションというのも新鮮ですよね!

新聞の見開きを丸々使った美麗イラストはファンにはたまらないサービス!朝からネット上で各紙の掲載状況がドンドン報告されています。

自分の大好きなキャラクターが地元の新聞に載っていたらラッキーですよね!

第2弾の新聞広告も楽しみです!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする