【FGOバビロニア】第21話 感想・ネタバレ・評価 ティアマト撃破!も俺たちの戦いは続く!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第21話(最終話)「Grand Order」の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

冥界にて死闘の果てにティアマトをついに撃破した藤丸たち。メソポタミアの戦いに大団円を迎えた藤丸たちとサーヴァントたちのストーリーとなる最終話、第21話のネタバレ・感想をお届けします!

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

⇒ 【FGOバビロニア】謎の老人の正体はキングハサン!カッコ良すぎる登場シーンと能力を紹介!

⇒ 【FGOバビロニア】グガランナとは何か!?いったいどこへ行ったの?

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第21話 あらすじ

第21話「Grand Order」

多くの犠牲を払いながらも、ビーストⅡの撃退に成功した藤丸たち。
満身創痍の彼らの意識が覚醒すると、目の前には崩壊寸前まで傷を負ったウルクの光景が広がっていた。
この旅の終わりに、彼らの得るものとは―――

~Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 公式サイトより~

【FGOバビロニア】第21話 内容ネタバレ

冥界からの帰還!ケツァルコアトルとジャガーマンとの再会

冥界から無事に生還した藤丸立香とマシュ。

そこで待っていたのはケツァルコアトルとジャガーマンでした。

いつものテンションで賑やかしいジャガーマンと戦闘時とはうってかわってほんわか優しいお姉さんなケツァルコアトルとの会話に藤丸たちは談笑を楽しみます。

ビーストを倒し、メソポタミアを守った藤丸たちを褒めたたえるケツァルコアトルたちですが、「異邦の女神としての役割はここで終わり」と、藤丸たちに別れを告げます。

ケツアルコアトル、ジャガーマンとも別れを済ませた藤丸とマシュはウルクへ向かいます。

マーリン、イシュタルとの再会

ウルクへ戻り、藤丸たちが拠点に戻ると、そこにはマーリンとイシュタルの姿がありました。

「アンタたちならここに来るだろう」と推測し、イシュタルたちは先回りしていたそうです。

懐かしの拠点でテーブルを囲みながら一息つく藤丸たち。

通信しながら、お互い思うことがあるらしく、腹黒い笑みを浮かべながら談笑するマーリンとロマニ(笑)

イシュタルによると冥界はビーストの爆発崩壊によって大部分が崩壊してしまったそうです。
再生までは半世紀はかかるとのこと。

しかし、ティアマトの本心に近づいた藤丸は、ティアマトに思いを馳せます。

エレシュキガルの様子が気になる藤丸にイシュタルは「エレシュキガルは冥界で休んでいる、最後に『よろしく』といっていた」と答えます。

エレシュキガルの最期を伝えなかったのは、イシュタルの優しさですね!

イシュタルはこのままウルクに残り、マーリンは幽閉塔に戻って引き続き藤丸の冒険を見守るとのこと。

一度は助けてみたかった・・・というマーリンの言葉からして、第七特異点は本当にピンチな状況だったのでしょうね!

そして、藤丸に花を渡す時に「僕と彼女からの・・・」と告げます。

前回に引き続き、セイバー(アルトリア)のことを随分と匂わせてくれるのは、終局特異点の戦いに向けた布石でしょうか?

ギルガメッシュとエルキドゥの記憶

宴を抜けてウルクの屋上で語りあうギルガメッシュとエルキドゥ。

普段人間に厳しく接しているギルガメッシュですが、時には神獣を倒し、民を危険から守っていました。

それを人間に見せないのは「王の役割だ」と、唯一の友、エルキドゥにだけは伝えます。

「それは道具でも人でもない、それは・・・」とエルキドゥに語り掛けます。

そんな甘い記憶からギルガメッシュは目を覚まします。

するとそこには藤丸・マシュ・イシュタルの姿がありました。

目を覚ました「王様」に嬉しそうに駆け寄る藤丸とマシュ。

二人ともすっかりギルガメッシュ王の立派な市民ですね!

花を手向ける藤丸の優しさに「傲慢だな」と吐き捨てます。

しかし、そこにはギルガメッシュ王の過去から来る深い想いが込められていました。

ギルガメッシュ王の逸話と王との別れ

かつて死に怯え、それを乗り越えようと不老不死の霊草を求めて冥界へ行ったギルガメッシュ王の逸話です。

霊草を持ち帰る前の一日、見栄を張ろうと水浴びをしたスキに蛇に霊草を奪われ、彼は全てを一瞬で失います。

だが、彼は一生をかけたもの一瞬で失い、全てを失いながらもまだ明日をみる、そんな傲岸な人間の姿がたまらなくおかしく、彼は笑っていたのです。

人間とは無限に成長し、寿命を迎える一秒前まで続く、最期まで心の在り方は積み重なっていく。

人の歴史とはそのようなもの―。

「この先どれ程の窮地が待っていようと、ただそこに立つだけで、正しいのだ!」

と、ギルガメッシュ王は藤丸に自分の人生をぶつけ、最大限の激励をもって押し出します。

ロマニからカルデア側の受け入れ準備が整い、別れの時が告げられます。

が、旅人が笑顔で帰るのであれば、土産の一つでもくれてやるのが良い国だ・・・

と、ギルガメッシュ王は金の杯に麦酒を入れて差し出します。

未成年のため、酒は飲めない・・・と断る藤丸とマシュの前で、「つまらんな」と麦酒を飲み干し、金の杯を投げ渡します。

それこそが藤丸たちが各特異点で回収していた7個の聖杯の、最後の一つでした。

カルデアへの帰還、そして―

そしてカルデアに戻った藤丸とマシュに最後の戦いが待っていました―

これにて『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の物語はお終いです。

・・・と思いきや、ネット上では突然のサプライズ速報が!!

“アニメ『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』制作決定”

ということで、続きはアプリで・・・ではなく、続きもアニメで見られるとの朗報でした!!

続きを楽しみに待ちましょう!!

⇒【FGO】終局特異点アニメ化!放送日はいつ?映画化?2クール放送?キャスト情報も!

まとめ

前回まででティアマトとの決戦も終わり、1話丸々を使って各サーバントやギルガメッシュ王との別れを済ませる、感動のフィナーレでした!

やはりそれぞれ深いストーリーのあったサーヴァントたちとの別れは胸の奥に熱いものが込み上げてきますし、誰よりも優しくメソポタミアの民と最愛の友を見届けたギルガメッシュ王の想いに涙が止まりませんでした。

すっかりギルガメッシュ王になついていた藤丸&マシュと、ギルガメッシュ王の関係性も素晴らしく尊かったですね!!

あと、EDで牛若丸たちやシドゥリさんを出すのは反則的な演出ですね!

そして最後の最期、ネット上でサプライズ発表された『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』制作決定の情報!

劇場版で第六特異点を補えるとは言え、第一特異点~第五特異点までをすっ飛ばした状態では理解しづらいオールスター・サーヴァント総出演の最終決戦的なシナリオなので、正直アニメ化は難しいだろうと思っていましたので、これは本当にビックリです!

が、FateシリーズならびにFGOファンとしては最大級に熱いサプライズなので、これは楽しみに、首を長くして待ちたいと思います!!

⇒ 【FGOバビロニア】グランドクラスとは何か!?山の翁以外のグランドクラスサーヴァントも全部紹介!

⇒ 【FGOバビロニア】グガランナとは何か!?いったいどこへ行ったの?

⇒【FGO】終局特異点アニメ化!放送日はいつ?映画化?2クール放送?キャスト情報も!

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする