【FGOバビロニア】グランドクラスとは何か!?山の翁以外のグランドクラスサーヴァントも全部紹介!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第19話「絶対魔獣戦線メソポタミアⅠ」では、人類悪ビーストⅡと認定されたティアマトに対抗する戦力としてグランドクラスのサーヴァントである山の翁(ハサン・サッバーハ)が登場しました!

このグランドクラスとはどのようなものでしょうか?

また、山の翁(ハサン・サッバーハ)以外のグランドクラスのサーヴァントも紹介していきます!

⇒【FGOバビロニア】第19話 感想・ネタバレ・評価 ゴルゴーン・キングゥの宝具ラッシュに山の翁ついに登場!

⇒【FGO】新聞広告まとめ!上毛新聞や埼玉新聞が話題の5周年記念広告企画第1弾!

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

グランドクラスとは!?

Fateの世界観においては、魔術師が英霊(サーヴァント)を召喚して、サーヴァント同士を戦わせる聖杯戦争というシステムがあります。

通常、聖杯戦争ではサーヴァントの生前の属性を考慮して「セイバー」「アーチャー」「ランサー」「ライダー」「キャスター」「アサシン」「バーサーカー」という基本の7騎のクラスが割り当てられます。

基本7騎のサーヴァント以外にも『Fate/Apocrypha』で登場した「ルーラー」や、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』のマシュが該当する「シールダー」など、特殊なクラス(エクストラクラス)があります。

そしてグランドクラスというのは、簡単に言うとこれらの通常クラスのサーヴァントたちの頂点にあたるサーヴァントのことです。

通常のサーヴァントが「個人に対する戦力」であるのに対し、グランドクラスのサーヴァントは第19話でマーリンが語ったように「人類悪に対抗するための抑止の力」なのです。

他のグランドクラスをもつサーヴァントはいったい誰か!?

マーリンよるとグランドクラスは「7騎」と説明されていますが、2020年3月現在、Fateシリーズにおいて全てのグランドクラスのサーヴァントが明かされてはいません。

しかし、何騎かグランドクラスの可能性があるということが示唆されています。

マーリン(グランドキャスター)

『Fate/Grand Order』第7章「絶対魔獣戦線 バビロニア」第2節にてロマニが語った「冠位の資格を持つ魔術師はみな優れた千里眼を保有する。たとえばソロモンは過去と未来を見渡す眼。ギルガメッシュ王は未来を見渡す眼。そこのろくでなしは現在すべてを見渡す眼。それぞれに精度・距離の違いはあるが、いずれも“監視者”としての力を持つ」という発言から、「そこのろくでなし」に該当するマーリンがグランドクラスを持つ可能性が示されています。

ただし、マーリンは本来はどの並行世界でも死亡することがない存在であり、死亡しなければそもそも英霊にならないので、グランドクラスも付与される条件にはありませんでした。

ソロモン(グランドキャスター)

同じくロマニの発言から、可能性が示されたサーヴァントです。『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』では第4話「密林の呼び声」にて登場したソロモンですが、ソロモンと対峙するのは第7特異点攻略後のため、アニメシリーズでは語られることはなさそうです。

超人オリオン(グランドアーチャー)

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』では全く登場しないサーヴァントです。第7特異点攻略後、終章を経てからスタートする第2部にて出会うサーヴァント(Lostbelt No.5『神代巨神海洋 アトランティス』にて登場)であり、ギリシャ神話に登場する筋骨隆々の大男です。

ギルガメッシュ

マーリン、ソロモンと同じくロマニの発言から、グランドクラスの可能性が示唆されています。一方で、アーチャー姿(stay/night登場時の姿)のギルガメッシュは終局特異点においては「自分は冠位ではない」という発言をしていますが、それはあくまでも「グランドアーチャーではない」と否定しただけの可能性があります。もしくは、「資格を持っている」だけで「グランドではない」というだけの説もあります。

始皇帝

超人オリオン同様に第2部で登場するサーヴァントです。Lostbelt No.3『人智統合真国 シン』で登場し、ホームズに「汎人類史であれば冠位に該当する霊基」と評されました。ただし、あくまで「該当する」という評価であり、「グランドの資格がある」わけではなさそうです。

グランドクラスを捨てた!?山の翁の絆!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』以前のストーリーである第6特異点「神聖円卓領域キャメロット」にて登場し、藤丸たちのピンチに颯爽と現れた山の翁 ハサン・サッバーハ。

「山の翁」という名前は、暗殺教団において頂点となるものに与えられる名称であったが、「山の翁」が精神の堕落であれ技術の堕落であれ、衰退した場合にその首を断つ役割を持っているのが『初代』ハサン・サッバーハにして『最後』の「山の翁」である彼なのです。

グランドクラスのアサシンであった最強のアサシン「山の翁」ですが、アニメではまだ語られませんでしたが、藤丸たちを救いティアマトを倒すために冠位(グランド)を放棄しています。

ここまでしてカルデア、そして人類を救いに来てくれる山の翁。骸骨姿の強面なのにめちゃくちゃ優しく情に厚い人なんですね・・・カッコよすぎます。

まとめ

今回はグランドクラス(冠位)について紹介しました。

まだ全てのグランドサーヴァントが明かされていませんが、Fate世界観の奥深い設定には興味が増すばかりですね!

アニメからFGOに触れた人には唐突な登場に感じたかもしれませんが、マーリンの前振りからのカッコよすぎる山の翁の登場は第7特異点でも屈指の神シーン!

ここからティアマトとの正に最終決戦は必見です!

なお、山の翁が登場する第6特異点のストーリーも人気があり、ファンからの投票結果が高かったため2020年内に劇場アニメ化が決定しています。

こちらを見ればゲームをプレイしていない人も山の翁との邂逅を体験することができるはずなので、こちらもオススメです!

⇒【FGOバビロニア】第19話 感想・ネタバレ・評価 ゴルゴーン・キングゥの宝具ラッシュに山の翁ついに登場!

⇒【FGOバビロニア】グガランナとは何か!?いったいどこへ行ったの?

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする