【とある科学の超電磁砲T】第3話 感想・ネタバレ・評価 忍び寄る魔の手

「とある科学の超電磁砲T」第3話の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

常盤台とバルーンハンター競技で対戦するチームの勝利目的、美琴を狙う馬場の暗躍、本編に登場した上条当麻などについてまた、感想についてもまとめていきます。

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「とある科学の超電磁砲T」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「とある科学の超電磁砲T」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

【とある科学の超電磁砲T】第3話 あらすじ

偶然から美琴と間違われて、御坂妹は常盤台中学の選手としてバルーンハンターに参戦することになってしまう。
能力者の質で勝る常盤台中学の面々は気合十分、競技開始直後から消極策をとる相手校を前に楽勝かと思われたが、なぜか次々に脱落者が出てしまう。
それは相手校のブレーンである馬場の奇策だった。
実は暗部組織『メンバー』の一員である彼は、ある任務のために常盤台中学の選手たちの詳細なデータを集め、綿密な対策を練っていたのだ。
そんな中、「とある」実験での経験を活かした御坂妹が快進撃。
それに対して馬場は、「御坂美琴」を封じるための策をみなに伝え、自分の本来の目的を達しようと画策する――。

とある科学の超電磁砲T 』公式サイトより

【とある科学の超電磁砲T】第3話 内容ネタバレ

目指す勝利とは

種目バルーンハンターにて常盤台と対峙した相手チームは、勝つことを目指すのではなく、引き分けに持ち込む戦略を取り、競技のスタートと同時に常盤台から一斉に逃げます。

それを追う常盤台は、試合会場を手分けして探し出します。

方々でバルーンを割る攻防が起こりますが、対戦チームは、常盤台の相手を調べつくし、策を用いて善戦します。

そして、その策は馬場と呼ばれる人物が作ったもののようでした。

しかし、馬場はとある作戦に美琴を誘い出すために知恵を貸しますが、善戦することにより、美琴を避ける競技をすすめようとするチームにままならなさを感じます。

光子も相手のチーム7人を倒すことに成功しますが、その代償に自身も競技から脱落してしまいます。

馬場の作戦

光子が7人も倒したことにより、馬場が所属するチームの形勢が不利になりました。

慌てるチームに馬場は、美琴を中心に結託することを阻止するために、美琴を競技から脱落させようと提案します。

戸惑うチームの人たちですが、馬場は不敵な笑みを浮かべて、呆れるほど簡単に倒せると宣言します。

美琴と間違われて競技に参加したシスターズは、対戦相手の一人を追いかけていました。

しかし、彼女は、逃げる相手から交戦意志を感じないことに何か仕掛けがあるのかと疑いながら追いかけます。

見晴らしのよい広場に彼女が来た時、馬場の作戦が発動します。

相手の頭についているバルーンを指定の球で割ることしか記載されていないルールを逆手にとり、球を投げずに大人数で美琴を囲み、球を投げずに持ったままバルーンを割るという奇策でした。

しかし、いざ作戦を実行すると、アクセラレータとの戦闘経験が良き、大人数相手に余裕を保ちながら迎撃をします。

馬場の真の目的

そんな状況を作り出したとうの本人である馬場は、その場にはおらず、中継カメラを巻き、怪しげな機械を取り出します。

馬場の目的は、美琴が常時発している電磁波を解くために、大人数で美琴を取り囲む状況を作り出し、小型の昆虫の機会を用いて、何かを美琴に注入することでした。

周りを取り囲まれつつも、一点に穴を空け、その場から脱出を試みるシスターズ。

しかし、その瞬間に馬場が放ったマシンにより何かを体に注入された彼女は、一瞬動きが止まってしまい、さらに頭のバルーンも割られて競技から脱落します。

それを確認した馬場は、その行為を行ったのは誰かに依頼されたからだと独白します。

そして、競技が終了し優勝候補と目されていた常盤台は、僅差ながらも負けてしまいます。

上条当麻登場!

昼食を母親と取っていた美琴は、母親が持参したチーズフォンデュが出来上がるまでの時間を使って、飲み物を買うために屋台に向かいます。

どこも混んでおり辟易する美琴。

そんな美琴の前に上条当麻が声をかけてきます。

当麻は、美琴が飲み物を買う途中であることを知り、自身も同じ目的であったことから、美琴たちの分も買ってくると言い残し、その場を後にします。

操祈が美琴を見つけ、声をかけてきます。

険悪な雰囲気が漂う2人のもとに、当麻が合流します。そして、美琴に操祈のことについて尋ねられます。

美琴は、同級生だと答えますが、当麻の視線が操祈のとある部分に移ったことに対して内心で当麻に対して怒ります。

そして操祈は美琴の腕を取り、当麻に対して明るく自己紹介をします。

そんな操祈に対して美琴は、怒りますが、操祈はこれ幸いと当麻の傍に駆け寄り、猫なで声で助けを求めます。

意気投合する2人に対して、怒りのボルテージを上げた美琴は、電撃を放ちますが、当麻は幻想殺しが発動し無傷で、操祈は美琴を煽りながらその場を後にします。

都市伝説を追う佐天

ジャッチメント支部にいた佐天は、初春に仕事はと問います。

初春は、大覇星祭の乗じて行われたサイバー攻撃に対処したことを答えますが、地図を広げて考え込んでいる佐天に対して何をしているのかと聞くと、都市伝説である不在金属がどこにあるのかを真剣に考えているようでした。

黒子にも注意されているのにも関わらず、どうしてそこまでして手に入れたいのかと初春は佐天に問います。

それに対して佐天は、レベル5と一緒でロマンだと楽しそうに答えます。

そんな佐天に初春は、手伝うことを申し出ます。

忍び寄る魔の手

美琴から貰った屋台の食券を手に、何を買おうか悩んでいるシスターズ。しかし、突如として体の自由が聞かなくなりその場に崩れ落ち、意識すらも失います。

そして、それを見つめる操祈たちがいました。

【とある科学の超電磁砲T】第3話 感想・評価・まとめ!

今話は、美琴に間違われて競技に参加したシスターズを焦点にそして美琴を付け狙う馬場が焦点に充てられました。

馬場に、美琴を無力化するように依頼をした人物は一体何が目的なのでしょうか。

ラストで意識を失ったシスターズはどうなるのか、そして、その場にいた操祈たちの目的は一体何なのか!?

次回は、大覇星祭の裏で蠢く者たちに美琴がどんどん巻き込まれていくことでしょう。

第4話も楽しみですね!

「とある科学の超電磁砲T」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「とある科学の超電磁砲T」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする