【鬼滅の刃】嘴平伊之助のキャラ紹介!設定・性格・関連人物など

なぜか猪頭をかぶり、誰彼かまわず勝負を挑む野性的な伊之助ですが、猪頭を取った素顔は少女のように可愛く、顔と身体のムキムキさのアンバランスで衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

少し特殊な設定のため、好き嫌いがはっきり分かれてしまいそうなキャラクターではありますが、深く知っていけばいくほど魅力を感じていく、味のある人物だと思います。そして戦闘における熱意と相手の実力を感知する能力は十分で、少年漫画の登場人物にふさわしいのではないでしょうか。

そんな彼について詳しく見ていきましょう。

⇒【鬼滅の刃】鬼殺隊とはどんな組織か!?階級や支援組織、お館様について紹介!

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

嘴平伊之助のプロフィール

誕生日は4月22日(名前とともに、ふんどしに書いてあった)、年齢15歳、身長164cm、体重63kg。出身地は東京府奥多摩郡大岳山(奥多摩、大岳山)で、趣味は炭治郎に教えてもらった「ことろことろ」という童遊びです。最近は「超高速羽子板」をやっており、鬼殺隊のガチの羽子板は卓球みたいになっているそうです。

好きな食べ物は天ぷらで、鬼殺隊入隊後に初めて入った藤の家で食べた味が忘れられないのでしょうか。ご飯の食べ方はびっくりするほど汚いです。

嘴平伊之助の設定

誰に対しても好戦的な炭治郎の同期の1人で、鬼殺隊入隊前は山で暮らし、猪に育てられ、動物との力比べを生き甲斐としていた野性的なキャラクター。

鬼殺隊士と力比べをしていたときに、「最終選別」や「鬼」の存在を聞き出し、育手を介さずに自力で選別を突破した猛者です。

そのため、伊之助には指導者がおらず、我流で「獣の呼吸」を会得しています。伊之助のみ、攻撃の型は「牙」と呼び名を変えています。

猪の造形が一番好きなようですが、狼や熊も好きなので、そのあたりが獣の呼吸で参考となった動物だそうです。

彼のみ、鬼殺隊の隊服を着用していませんが、もちろん過去には支給されたことはあります。

ただ、上着を着てみたところあまりにも気持ち悪いので、脱いでズタズタに裂いた後踏みました。

そのような経緯により、隊服を作っている人たちから蛇蝎の如く嫌われています。

また伊之助に支給された鴉も常に伊之助の近くにいますが、18回ほど伊之助に食われそうになり、命が危ないので常に身を隠しています。

おかげで鴉は気配を消すことが上手くなりました。

我が道を行く伊之助ですが、登場当初は自分には親も兄妹もいないと言っています。

しかし実際には、赤ん坊の頃に母親に捨てられた(助けられた)シビアな過去の持ち主なのです。

赤ん坊であった当時、美人で明るく、愛嬌のある母・琴葉から愛情たっぷりに育てられていましたが、よく暴力をふるう父親から2人で逃げ出し、上弦の弐・童磨が教祖の「万世極楽教」と出会います。

救われたと思っていた束の間、現在の伊之助同様、頭が弱い分鋭い感覚を持っていた琴葉は、童磨が人間を食っていることに気付きます。

それから童磨の元から逃げ出しますが、すぐに追われる身となり崖っぷちまで追い込まれ、そのとき抱いていた伊之助を幸運を願い崖から落とした後、琴葉は殺されてしまいました。

その後、伊之助は猪に育てられます。なぜ野生の猪が伊之助を育てたのかは不明ですが、母猪が自分の子供を亡くしてすぐだったからかもしれないとされています。

しかし、人間はある一定の年まで言語に触れなかった場合、その後言葉の習得は困難となります。

猪に育てられた伊之助がどのようにして言語を理解して喋ることができるようになったかと言うと、幼少期、ある青年と2人暮らしをしている祖父の家に出入りしていたことがきっかけです。

物忘れがひどくなってきた祖父が、奇妙な動物(伊之助)に餌を分け与えたり、百人一首を読み聞かせたり、言葉を教えていました。

こうして、伊之助は言葉を取得することができるようになりました。琴葉が伊之助の履いていたふんどしに書いていた名前と誕生日もおじいさんに教えてもらいましたが、字は書けません。

また関節が非常に柔らかく人並み外れた動きをすることがあります。

さらに身体中の関節を外すことができ、頭ほどの大きさの穴も簡単にすり抜けることができます。

実際に、上弦の陸に心臓を刺されて致命傷を負ったと思われるシーンがありましたが、内臓を移動させることで回避することができています。

さすが、人間離れした身体ですね。「毒も効かない」と豪語していますが、人よりは強いものの実際毒は効きます。

毒で死にかけていたところ、禰豆子が血鬼術で回復させました。

嘴平伊之助の性格

山育ちと言うこともあり常識に欠けていて性格も粗暴、かなりの野性児です。「猪突猛進!猪突猛進!」が口癖で、敵味方関係なく攻撃を仕掛ける、正直危ない人物です。

また、水柱である冨岡義勇に圧倒的な実力差を感じても尚、食ってかかっていくチャレンジ精神を持っています。

且つかなりの負けず嫌いな性格です。最初は自分のことにしか興味が無く、炭治郎をしつこく挑発したり、善逸を踏んだり蹴ったりしますが、同期と行動を共にしていくことで、徐々に人間性を身につけていきます。

心優しく慈悲深い炭治郎の言葉に「ほわほわ」させられ、さらに鬼殺隊をサポートする藤の家の女将さんの優しさに「ほわほわ」して、心の成長に戸惑いながらも伊之助の中で何かが芽生え始めるようになりました。

戦いの中でも我が強かった伊之助が、共闘やサポートをするようになり、時には力強く周囲を励まして引っ張る姿が見受けられます。伊之助の過去を知った上で見ると、胸が熱くなりますね。

なぜ猪の頭皮をかぶっているのか?

頭にかぶっているのは、伊之助を育てた猪の皮です。育ての親の形見なのです。

ちなみに、腰に巻いている毛は鹿毛で、足に巻いているのは熊毛です。

ギザギザな日輪刀の理由は?

刃毀れさせた状態がイカしている、とてもかっこいいと思っているので、わざとギザギザに刃毀れさせています。そのため、新しく打ち直してもらった新品の刀も、刀鍛冶である鉄穴森さんの前で石を打ち込んでズタズタにしてしまいました。

しかし、上弦陸との戦闘シーンで、頸が柔らかくなかなか切ることができませんでしたが、伊之助の二刀流、またギザギザの刀のおかげで容易に切り落とすことができました。「陸の牙・乱杭咬み」という型ですね。無駄にかっこいいだけではないようです。

まとめ

炭治郎や善逸とともに旅をすることで人の優しさに触れ、協調性や人を信頼することを学んでいき、さまざまな巡り合わせが伊之助を正しい道に導いてくれているように感じます。

鬼舞辻への憎しみを持っているわけではない唯一の鬼殺隊士で、純粋に強い敵と戦いたいという欲求は凄まじいものですよね。戦いが終わったら、仲間とともに幸せな人生を歩んで欲しいなと思える人物です。

我流・獣の呼吸は伊之助のみの呼吸なので、柱となったときがまた楽しみです。

⇒【鬼滅の刃】竃門炭治郎のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

⇒【鬼滅の刃】劇場版(無限列車編)はいつ公開か!?また、原作のどこまで描かれるのか!?内容をネタバレ!

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする