【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第7話 感想・ネタバレ・評価 マギウスのみゆふ

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」第7話の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

マギウスの翼、フェリシアを追ういろは達、VS天音姉妹などまた、感想についてもまとめていきます。

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「マギアレコード」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「マギアレコード」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第7話 あらすじ

噂の影に見え隠れする組織、『マギウスの翼』に勧誘されたフェリシア。
フェリシアは、いろは達を裏切り、マギウスの翼側につく。
同じく杏子も、勧誘に応じマギウスの翼にいた。
一方、フェリシアの足取りを頼りに、マギウスの翼が潜む地下水路へと足を踏み入れるいろは達。
フクロウ幸運水のカウントダウンがゼロになった時、幸運の見返りにとてつもない不幸に襲われるというが……。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 』公式サイトより

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第7話 内容ネタバレ

マギウスの翼

フェリシアは、いろは達と袂を分かち、マギウスの翼の勧誘に応じます。

そして、黒装束の少女達の案内により天音月夜と天音月咲と面会します。

フェリシアは、天音たちがこの組織のトップなのかと問いますが、天音たちは黒羽たちよりは上と答えますが、トップではないと答えます。

私たちは、3人のマギウスの願いを叶えるための集団だと答えます。

フェリシアは、全ての魔女を消し去ることが出来るのかと問います。

天音たちは、魔法少女の救済には、全ての魔女を消し去ることが絶対に必要だと答え、ウワサを守ってくれとフェリシアに告げます。

そんな3人の会話の中に、佐倉杏子が話しかけてきます。

マギウスの翼を追ういろは達

フェリシアと分かれたいろはとやちよと鶴乃。

いろはは、マギウスの翼についていったフェリシアを案じますが、やちよはGPS発信機を付けたからと答えます。

フェリシアに付けたGPSを追って、とある建物に辿り着く。

すると、その建物の前に小さいキュウべぇが現れます。

いろはは、この建物で間違いないと確信します。

VS天音姉妹

建物に侵入したいろは達は、すぐにマギウスの翼側に察知され、天音たちがいろは達の前に現れます。

やちよは、天音たちがマギウスの翼のトップなのかと問いますが、天音たちは、マギウスをサポートする立場だと告げます。

天音たちは、いろはに協力すれば幸運が尽きることはないと持ち掛けます。

いろはは、なぜこんな事をしているのかと問うと、天音たちは、マギウスのため、魔法少女救済のためと答えます。

被害に会っている人たちがいると鶴乃が指摘すると、みんなの為にしているわけではないと答えます。

やちよは、いずれにしろこの先に進ませたくないから姿を現したのでしょうと問い、臨戦態勢を取ります。

天音たちは、やちよの指摘にその通りだと返し、魔法少女姿になり、いろは達と対峙します。

天音たちは、魔女が作り出す空間のような場所を呼び出しました。そして、そこには、おびただしい数の魔女がいました。

フェリシアは、なぜここに魔女がと驚きますが、天音たちは魔力で操っているとなんでもないように答えます。

その言葉を裏付けるように、天音月咲が笛の音を鳴らすと、魔女たちが一斉にいろはたちに攻撃を仕掛けてきます。

迎え撃つやちよと鶴乃は、天音月咲の手によりいろはと分断されてしまいます。

フェリシアと杏子の選択

取り残されたいろはは、フェリシアのもとへ向かおうとしますが、魔女達の攻撃に合います。

それを見ていたフェリシアは、いろは救出のため、魔女の群れの中に飛び込んでいきます。

いろはを救出したフェリシアは、自身の両親を殺した魔女はこの中にいるかもしれないと、魔女達に攻撃を仕掛けていきます。

その様子を見ていた杏子は、天音たちに言っていることがぼんやりしているため信用ができないから私も抜けると告げます。

杏子は、天音たちが作り出した空間からいろはを脱出させ、魔女達と対峙します。

やちよ達は、天音たちの作り出した空間で魔女と対峙していると、突如として空間が解けます。

やちよが魔女は打ち止めかしらと問うと、戦意を失っていない天音達。

見かねた鶴乃は、天音たちのソウルジェムが濁っていることを指摘し、これ以上はやめようと提案しますが、天音たちはむしろ好都合だと答えます。

天音たちは、神浜が開放の場であることの証拠をその目で見れるのだからと告げ、いろはが魔女化した時と同じように天音たちも魔女化します。

ウワサの中心

フクロウ幸運水のウワサの中心に辿り着いたいろは。

水を作り出す甕のようなものを攻撃しようとすると、突如として梟を模した大量の何かに襲われます。

しかし、なぜかいろはは無事でした。そのことがフクロウ幸運水の効果であるとは、いろはは知りえません。

フクロウ幸運水の効果が残り2回となった時、いろはのソウルジェムが濁り、魔女化してしまいます。

魔女化したいろはは、向かってきたフクロウを模したものをせん滅し、フクロウ幸運水の甕を砕くことに成功します。

そして、いろはは気絶せずに元の姿に戻ります。残った後に、幸運水の効果が残り1回と描写されます。

マギウスの正体

いろはがフクロウ幸運水を砕いたことを察した天音たちは慌てます。

そこにマギウスの一人が騒ぎを聞き付け現れます。

それは、やちとと鶴乃の親友、みふゆでした。

思わる再開に喜び鶴乃、万々歳でパーティだねと告げます。

みふゆは、残念ですがそれは出来ませんと告げます。

みふゆは、やちよに対してマギウスの翼に勧誘しますが、やちよは断ります。

みゆふは残念そうな顔をしながら、天音たちを連れてその場を後にします。

最後の幸運

建物を後にしようとするフェリシアにいろはは声をかけます。

フェリシアは、今日の寝床を探しにいくと告げます。

いろはは、自身の家に泊まらないかと提案します。

やんわりと断るフェリシア。

すると鶴乃がフェリシアに対して、魔女を見ても我慢しよう!と持ち掛けますが、フェリシアの気に触れてしまい、自身の思いのたけを叫びます。

いろはは、フェリシアに気遣いながら一緒に帰ろうと持ち掛けます。

やちよの家に泊まった翌朝。フェリシア前には、いろははが約束した作ったご飯がありました。

両親と電話していたいろはは、下宿先はやちよの家、みかづき荘だと知ります。

そして、やちよが持っているチラシの日付の数字が1から0へと変わりました。

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第7話 感想・評価・まとめ!

ウサワの裏に潜む魔女を操る集団、マギウスの翼。

マギウスと呼ばれる存在は3人がおり、内一人がみゆふでした。

残りの2人は、誰なんでしょうね。マギウスの翼の目的が魔法少女の救済であるならば、ういもその組織に属している可能性は大いにありそうですね!

マギアレコードも後半に入り、一気に物語が進んだ印象があります。

果たしてやちよと鶴乃は、みふゆと昔のような関係に戻れるのでしょうか。

「マギアレコード」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「マギアレコード」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする