【空挺ドラゴンズ】第7話 感想・ネタバレ・評価 捕らえたはずの龍が街で暴れ出す!

空挺ドラゴンズ 第7話目 「大災と食える龍」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

ウラ爺のテントで、夕食をごちそうになったタキタとミカ。

二人は大きな音を頼りにテントを出ると、街から上がる火と、捕らえられていたはずの龍が暴れているのを目撃した。

龍が街中で暴れ出す中、龍捕り達は、市民の救助に駆り出されていく。

救助を終え、クィン・ザザ号も街から離れようとするが、市民を見捨てられないとタキタが言い出し……!?

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

空挺ドラゴンズ 第7話 あらすじ

空挺ドラゴンズ 第7話目 「大災と食える龍」

タキタとミカは、ウラ爺のテントで夕食をごちそうになります。
外から大きな物音が鳴り、タキタとミカがテントを出ると、街から火が上がっていました。
火は港の方から上がっており、ミカとタキタは港へ向かいます。
一方港の方では、大型の捕龍船が捕らえたはずの龍が暴れていました。
街にやってきていた龍捕り達は、街の人々の救助に向かいます。
クィン・ザザ号のクルー達も、他の龍捕り達と同じく街から離れようとしますが、街はどうなるのかとタキタが引き止めるのでした。
するとクルー達は、ミカがいないことに気づきます。
そしてジローも、街の人達をクィン・ザザ号に乗せられないかと言い出すのでした。

空挺ドラゴンズ 第7話 内容ネタバレ

異変に気づくタキタとミカ

ウラ爺のテントにいるタキタとミカは、夕食をごちそうになります。

ウラ爺の酒に付き合って、ミカは寝てしまいました。

タキタが、街の祭りを見られることに喜んでいると、外から大きな物音がします。

タキタは外に出ると、街の遠くから火が上がっているのを見ました。

目を覚ましていたミカが、火は港の方から上がっていると言い、タキタと共に港へ向かいます。

一方港では、大型の捕龍船が捕らえたはずの龍が暴れていました。

クィン・ザザ号のクルーも含め、街にやってきていた龍捕り達は、街の人々の救助に向かいます。

街で暴れる龍

龍捕りでも未知の龍

大型の捕龍船のクルーは、酒場でニコ達と乱闘になったクルー達でした。

クィン・ザザ号のクルーは、彼らの救助に向かいます。

救助された大型捕龍船のクルーは、龍は仕留めたはずだと話し出しました。

暴れている龍は龍捕りが想像しているより、生命力が強い龍だったのです。

大型捕龍船のクルーは、龍を仕留める方法に毒を使います。暴れている龍も毒を用い、一度地上に落としてから捕まえていました。

乱暴な捕らえ方に怒るジローですが、今は救助を優先します。

一方港に向かうタキタとミカは、街に入って来た龍と遭遇しました。

街を襲う龍に衛兵がやってきて、無闇に攻撃してしまいます。

衛兵の攻撃を受けた龍は辺りを燃やしますが、ミカがタキタと衛兵を連れて逃れました。

ミカとタキタは逃げた先で、クィン・ザザ号のクルーと合流します。

暴れる龍は、ミカも見たことがないタイプなのでした。

その頃、カーチャが働く酒場でも避難が求められますが、酒場で働く女性達は行く当てがなく、酒場に留まります。

船に集まるクルー達

意見が分裂してしまう

クィン・ザザ号に引き返したタキタは、龍が大人しくなっている間に街から脱出しようとするクルー達に、街はどうなるのかと引き止めようとします。

しかし多くのクルーは、街に留まっていると、暴れる龍に巻き込まれてしまうと反論しました。

そもそも、クィン・ザザ号では捕らえるのが困難なほど、暴れている龍は大きかったのです。

それでも納得できないタキタは、ギブスに意見を仰ぎました。

するとクルー達は、ミカがいないことに気づきます。

そしてジローも、街の人達をクィン・ザザ号に乗せて、一番近い街まで運べないだろうかと言い出しました。

その頃、龍の眼前で留まっていたミカにウラ爺が、この龍はもう飛べないと告げます。

ミカはウラ爺に、この龍は食べられるのかと尋ねました。

龍を捕まえることを決めるクルー達

大型捕龍船のクルーと協力する

一方クィン・ザザ号では、ジローの意見がリーに却下されてしまいます。

一番近い街まで相当な距離があり、それを何往復も行うのは、現実的ではないのでした。

クルー達の間に、脱出すべきだという空気が流れる中、ミカが帰ってきます。

暴れていた龍は食べられるから捕まえようと喜ぶミカに、クルーは呆れました。

しかし、遅れてやってきたウラ爺が、龍を追い詰めたのが人間なら、とどめを刺すのも人間の役目だと話します。

また、ジローを気遣ったヴァナベルも捕獲に同意し、あんな大きな龍を捕らえらるのは、今しかないと訴えました。

クィン・ザザ号のクルーは、大型捕龍船のクルーと協力し、龍を捕まえることにします。

捕獲作戦を進める龍捕り達

獲物を取られたくない大型捕龍船のクルー

龍を捕らえる作戦は、クィン・ザザ号と大型の捕龍船のクルーによる、空と地上からの同時攻撃となりました。

大型捕龍船の船長は、クィン・ザザ号への協力に素直に応じますが、クルーは不満を覚えています。

作戦の準備が進む中、大型捕龍船のクルーの一部が、龍を横取りされたくないと単独行動に出ました。

自分達でとどめを刺そうと、龍に爆弾を投げ込んでしまいます。

龍は再び暴れ出し、街の上を飛び始めますが、弱っており長い距離は飛べません。

徐々に落下していく龍の行き先は、カーチャがいる酒場の方角なのでした。

空挺ドラゴンズ 第7話 感想・評価・まとめ

街で暴れる龍の迫力が印象的な内容でした。

また、ミカでも知らない龍がいるのは驚きです。

作戦が崩れてしまった龍捕り達ですが、無事に龍を捕獲できるのか楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする