【鬼滅の刃】冨岡義勇のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

鬼滅の刃について語るにおいて、切っても切りはなせない役どころ、冨岡義勇。

作中屈指のイケメンで強キャラ、それなのに時折放つ空気の読めない天然発言で、きっと世の女性達は彼のギャップにやられメロメロになることでしょう。

そんな冨岡義勇について詳しく掘り下げます。

⇒ 【鬼滅の刃】炭治郎の装飾品考察!羽織の模様はどんな意味が!?耳飾りの柄は!?

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

冨岡義勇のプロフィール

誕生日は2月8日、身長176cm、体重69kgの東京府豊多摩郡野方村(中野区、野方)出身の21歳。根気と努力がものを言う詰め将棋を趣味に持ち、好きな食べものは鮭大根です。

そして昔、犬にお尻を噛まれてしまったことがあり、動物が無理のようです。

冨岡義勇の設定

柱になったばかりの頃に竃門兄妹と出会い、2人を育手・鱗滝のもとへ向かわせた重要人物です。

過去、義勇は病死した両親の遺産で姉の蔦子と2人で暮らしていましたが、蔦子が自分を守り、祝言前夜に鬼に殺されてしまいました。

姉の蔦子が鬼に殺されたと周囲に言ってしまったことで、当時心の病気だと思われてしまい、遠方にいる医者をやっている親戚の家へ連れて行かれていた最中に逃げ出し、山の中で死にかけていたところを鱗滝の知り合いの猟師に助けられました。

その後、炭治郎と同様、鱗滝を師匠として友人である錆兎とともに修行を積み、

水の呼吸をマスターして最終選別を受けに行きます。

水の呼吸はどんな状況にも対応できる適応力が高い呼吸であり、全部で拾の型が存在します。

その中で義勇は、拾壱の型『凪』という独自の型を編み出しました。

凪とは、無風状態の海のことを指し、自身の間合いに入った鬼の術を全て凪ぎ、無効化するという比較的チートじみた技です。

会得した義勇の耐え難い苦労と努力が伺えます。

義勇の羽織の柄が左右で異なる特徴的な見た目から、嘴平伊之助が「半々羽織」と呼んでいます。

1つは友人である錆兎の形見(錆兎の着物は鬼に殺された父親の形見)、そしてもう1つは姉の蔦子の形見の着物を縫い合わせてあります。

冨岡義勇の性格

静かな眼差しで戦況を見定め、無駄のない動きで鬼を狩る寡黙な剣士と称され、基本口数は少なく、表情もあまり変わらないキャラクターです。

そんな物静かな人物ですが、入隊前の炭治郎を絶望から立ち直らせるために叱責したことがあります。

第1話、鬼となった禰豆子を殺そうとしたときに炭治郎が禰豆子を庇い、義勇に殺さないよう懇願しました。

そのとき「生殺予奪の権を他人に握らせるな!惨めったらしく蹲るのはやめろ!そんなことが通用するならお前の家族は殺されていない!」と言い放ったシーンは、目の前で妹を守る炭治郎を、姉が自分を鬼から守ってくれた場面に置き換えてしまったのでしょう。

一見厳しい言葉を投げかけ、こんなに感情的になる義勇もあったなぁと懐かしくなるほどですが、当時から、実は相手を思いやっての言葉だったのではないかと感じます。

ストーリーが進むにつれて「もう二度と自分の目の前で家族や仲間を死なせない。炭治郎は俺が守る。

自分がそうしてもらったように」と心に誓って戦っており、姉や錆兎からしてもらったことを下の代につないでいこうとする、非常に情に厚く、真面目な性格の持ち主です。

一方で、鬼舞辻との戦闘中、自分の力不足から時折、顔に不安な表情が表れ泣きそうな雰囲気を感じるシーンが見られますが、これは昔の気の弱さや自信のなさからきているのもではないかと推測されます。(もちろん水柱として恥のない戦いをすると心を入れ替え戦います。)

今は柱となり強さと落ち着きを兼ね備えた義勇でも、昔錆兎という友達と一緒に鱗滝の元で修行を受けている時代、少し気弱な面を持ちつつも笑顔を見せることも多く可愛らしさが感じられる男の子でした。

本当は感情豊かではあるものの、なかなか表情に表すことができないシャイな側面もあるのかもしれませんね。

みんなから嫌われている!?

表情が乏しく思考が読めない上に、口下手で多くを語らない、そのためか他の隊士たちと衝突する様子がしばしば見受けられます。

柱同士の話し合いの場から席を外そうとして、「自分には柱になる資格がない」という意味で放ったつもりが「自分は(他の)柱たちとは違う」と誤解を生むような言い回しをしてしまい、自ら関係を悪化させてしまいます。

柱の中では特に、21歳組の不死川実弥と伊黒小芭内には完全に嫌われています。

周囲から嫌われている事実を、蟲柱・胡蝶しのぶに指摘されたことがありますが、不満げな表情で否定の言葉を口にしています。

本人は、周囲とは馴染めていないが嫌われていないと信じているので、可愛い奴ですが少々残念なところがあるのかもしれません。

実は情に厚い!柱合会議での男気!

初めて出会ったとき、兄を庇う鬼化した禰豆子と水柱に丸腰で立ち向かう炭治郎を目の当たりにし、「この兄妹は今まで見てきた他の鬼たちと違うのでは」と、竃門兄妹に鬼殺の可能性を見出しました。

その後、信頼を寄せる育手・鱗滝の元へ送り込み、事前に鱗滝には手紙で知らせ、彼らを育てて欲しい旨を伝えています。

鬼の禰豆子を殺さず見過ごし、炭治郎を鬼殺隊の道へ導いたことは、ある意味隊律違反です。

禰豆子と炭治郎は、鬼殺隊当主・産屋敷耀哉たちと柱9名で行われる半年に一度の柱合会議で裁判されることとなりました。

柱メンバーの中では鬼は滅殺すべきという意見が多く、炭治郎には味方がいない状況と思いきや、事前に元水柱である鱗滝がお館様に送っていた手紙で全て解決されていました。

その手紙の内容には、「もしも禰豆子が人に襲いかかった場合には、竃門炭治郎及び、鱗滝左近次、冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します」と記載されており、出会った当初、鬼を連れた竃門兄妹の生殺予奪の権を握っていたにも関わらず、彼らを助ける判断をした義勇は、その後も炭治郎とともに自分の命を懸ける選択を取りました。

その内容を聞いた炭治郎は涙を流しながら義勇を見つめ、きっとこの瞬間から兄弟子に対して絶大な信頼を寄せたに違いありません。

また炭治郎を押さえつけていた伊黒の腕を掴んで炭治郎を助けるなど、弟弟子を庇う姿に男気を感じます。

鬼は滅殺する、という鬼殺隊の本質である業務は行いながらも、善良な鬼をしっかり判断し何かしらの可能性を見出すことができることは、柔軟な思考を持った水属性ならではなのかもしれません。

まとめ

そもそも義勇は柱として申し分のない力量なのですが、自分の過去のせいで自分を過小評価する傾向にあったようですね。実力者なのに自信のない義勇、ちょっと可愛いですよね。

しかし弟弟子・炭治郎のおかげで徐々に自信を取り戻しつつあり、果敢に鬼と戦っている状況です。命の危険を感じる場面も多く見られますが、最後まで生き延びて欲しいキャラクター(個人的に)No.1なので、祈っています!

⇒【鬼滅の刃】竃門炭治郎のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

⇒【鬼滅の刃】劇場版(無限列車編)はいつ公開か!?また、原作のどこまで描かれるのか!?内容をネタバレ!

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする