【ランウェイで笑って】第6話 感想・ネタバレ・評価 育人と千雪が苦戦しながら、それぞれの挑戦に励む!

ランウェイで笑って 6着目 「優越感と劣等感」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

ファッションショーの予選に挑む育人は、何とか予選の課題である服を完成させる。

予選参加者の課題審査が始まり、育人の番が回ってくるが、育人の服は酷評を受けてしまった。

育人が打ちのめされている一方、千雪も夢へ前進しようと、雑誌のモデルに応募するがうまくいかない。

何とか撮影に参加できたものの、千雪の前に現れたのは……!?

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

ランウェイで笑って 第6話 あらすじ

ランウェイで笑って 第6話目 「優越感と劣等感」

千雪の応援を受けながら、ファッションショーの予選に挑む育人。
意表を突くテーマで、予選の課題である服を完成させますが、酷評を受けてしまいます。
服の手直しができる時間を設けられるものの、動けなくなってしまう育人。
全力で作った服を否定され、自信を失いかけますが、千雪の言葉を思い出し、手直しに向かいます。
そして再び、審査へ挑むのでした。
一方、育人に負けていられないと、千雪もモデルの仕事を得るべく雑誌に応募します。
しかし低身長が障害となり、応募した全ての雑誌で落ちてしまいました。
何とか撮影の仕事を得ますが、そこに、モデルとしての心が現れます。

ランウェイで笑って 第6話 内容ネタバレ

予選は課題の製作期間を終え、審査に入りました。

審査は、審査員の一部を予選参加者も担います。

しかし多くの予選参加者が、ライバルを蹴落とそうと、難癖に近い批評を述べるのでした。

厳しい批評が行われる中、審査は育人の番になります。

育人が作ったのは、パジャマでした。

セイラは、女の子はいつもお洒落でいたいものだと言っています。

しかし、セイラのSNSには、その日着た服の写真がたくさん上げられているものの、部屋着を載せている写真はありません。

なので育人は、セイラが着て、写真に載せたくなるようなパジャマを作ったのでした。

審査員の一人である遠は、このパジャマには、以前柳田のアトリエで失敗した技術が用いられており、育人の成長を見抜きます。

しかし遠は育人のパジャマを、ダサいと酷評するのでした。

諦めない育人

予選の本当の目的

二次予選への通過者を発表される前に、課題を手直しする時間が設けられます。

しかし育人は自信を失い、どうすればいいのか分からなくなってしまいました。

ですが千雪の、パジャマのデザイン画を褒める言葉を思い出し、育人は手直しに取り組みます。

すると学園長は、おしゃれかダサいかというほど、主観的なものはないと話し出しました。

また学園長は、デザイナーが服を作るために重要なことは、その服が面白いか、面白くないかということだと続けます。

そして課題の本当のテーマは、周りの意見に左右されず、自分の中のおしゃれを完遂できたかどうかを問うものだと明かされるでした。

30人いた参加者のうち、18人が予選を突破します。

そして、二次予選を免除して本選に進出できるトップ3の内、3位に育人のパジャマが選ばれるのでした。

予選の結果を問う遠

自分のブランドに育人を迎えたい

予選を終えた育人は、二次選考の説明を受けている心を待つ間、千雪に電話をかけます。

すると遠がやって来て、3位に終わった予選結果に満足してるかと尋ねられました。

満足はしていないと答える育人に、遠は、なぜ材料費をちゃんと使わなかったのかと続けます。

妹達が用意してくれたお金を使わないよう安い生地を使って作ったから、3位でも仕方がないと思っていると決めつけてくる遠を、育人は否定しました。

ですが本選では、原寸大の服を多数作ることになります。もっとお金が必要になる上に、家族の生活もまかなえていません。

なら、自分が立ち上げるブランドでも働いてみないかと、遠は育人に持ちかけるのでした。

育人は、遠の所でも働くことを決めます。

雑誌の応募に苦戦する千雪

やっと仕事が決まる

一方千雪は、雑誌のモデルの募集要項をまとめた書類を見ていました。

予選を頑張る育人に負けていられないと、雑誌に片っ端から応募しようとします。

そのためにはまず、コンポジットとポートフォリオを新しく作ることにしました。

モデルは基本的に、自分で仕事を取らなくてはなりません。

雑誌などに応募して、書類審査とオーディションを通過して、初めて仕事を得ることができるのです。

そのために作らなければならないのが、コンポジットとポートフォリオでした。

千雪は真剣に作成に取り組みますが、応募した雑誌の結果は、全てが落選となってしまいます。

電話に出たのは、東京コレクションで千雪を見ていた、新沼という編集者でした。

千雪の前に現れる心

やっと仕事を取れた千雪

東京コレクションで千雪に目を奪われていた新沼は、千雪に会う約束をします。

ですが新沼は急遽ロケに出てしまい、別の編集者が対応することになります。それも別の仕事を控えているため、手短に済ますよう言われてしまいました。

動揺する千雪ですが、懸命に自分を売り込みます。

しかし、編集者が抱えていた仕事相手がやってきてしまい、話の途中にもかかわらず、千雪は返されてしまうのでした。

後日、千雪の元に、欠員が出たので、撮影に参加しないかと編集者から電話がきます。

撮影に向かった千雪の前に現れたのは、モデルとしての心でした。

ランウェイで笑って 第6話 感想・評価・まとめ

ファッションショーの予選では、多くの参加者が外出を想定した服を作る中、パジャマを作った育人の着眼点に意表を突かれました。

また、千雪の場面では、モデルの仕事の取り方について触れられており、その厳しさを感じます。

やっと撮影の仕事を得られた千雪の前に、モデルとして心が現れましたが、千雪とどう関係していくのか楽しみです。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする