【FGOバビロニア】第17話 感想・ネタバレ・評価 ついにティアマトを撃破か!?イシュタルは反省モード!?

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第17話「会議は踊る」の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

いよいよティアマト神との最終決戦に臨む藤丸立花たち。ペルシア湾中にラフムを発生させ、メソポタミア全土を飲み込もうとする終末装置ティアマトをどうやって攻略するのか!?そんな第17話のネタバレ・感想をお届けします!

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第17話 あらすじ

第17話「会議は踊る」

ラフムによって回収された聖杯の力により、ペルシア湾は触れるもの全てが魔獣と化す黒い泥の海へと姿を変えてしまう。
黒泥が迫りくる中、ウルクを救うべく藤丸たちは全ての根源であるティアマトを撃破することを決意する。
ペルシア湾の中心に鎮座するティアマトへ、藤丸は令呪を用いイシュタルと共に猛攻を仕掛けるが―。

『 Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 』公式サイトより

【FGOバビロニア】第17話 内容ネタバレ

宝具「山脈震撼す明星の薪(アンガルタ・キガルシュ)」

ケツァルコアトルズに乗り、上空からペルシア湾にそびえ立つティアマトへ攻撃をしかける藤丸立花たち。

水爆に匹敵する威力を持つというティアマトの魔力攻撃に対して、接近を試みようとしますが、「接近は危険」とイシュタルがそれを制します。

そしてイシュタルは藤丸から魔力供給のバックアップを受け、宝具「山脈震撼す明星の薪(アンガルタ・キガルシュ)」を発動させます。

霊峰エビフ山を崩壊させたという逸話を元に、概念化した金星を弓に込めて撃ち放つという、「金星の女神」にふさわしい大技は、ティアマトを一発で消滅させてしまいました。

しかし、喜ぶのもつかの間、ロマニが藤丸たちの帰還準備を始めようとしていた所に、カルデアのレーダーは霊基の再構成を確認します。

なんと、さっきまでのティアマト神は頭脳体で、海中からティアマトの本体が登場したのです。

「絶対に勝てない」と悟ったケツァルコアトルは、一度ウルクに戻り態勢を立て直すことを提案します。

イシュタルの力を使っても、メソポタミアのどんな権能を使っても、今のティアマトには傷一つ付けられないとのこと。

ギルガメッシュの秘策「ナピシュテムの牙」発動

ティアマトから流れ出す黒泥を止めるために、ギルガメッシュはとっておきの秘策を使用します。

『ナピシュテムの牙』と名付けられたそれは、地面から大量の白い牙が突き出し、ウルクを守る防御璧となり、黒泥のウルク侵入を食い止めました。

帰還した藤丸たちは、ラフムによる侵略とティアマトによる海洋汚染によって、残された人間がたったの500人しかいないことをギルガメッシュから告げられます。

「メソポタミア文明を守れなかった」と絶望に打ちひしがれる藤丸たちでしたが、ギルガメッシュは「シュメル文化の象徴であるウルクと自分が存続すればメソポタミア文明は守られる」と説明します。

再び息を吹き返した藤丸に、ロマニたちカルデアのサポートチームも気合を入れ直します。

ティアマト神には弱点がない!?

ロマニの観測によるとティアマト神は 「移動する生体工場、星間すら航行可能な魔力量、体内に貯蔵した膨大な生命原種」という人類があと数百年かけて到達すべき箱舟。

おおよそ物理的にも神話的にも欠点のない完璧な存在。

ティアマトには生まれつき「死の概念」がない。

人間が地上に生きていることが、生命の母であるティアマトの存在を証明してしまい、ティアマトは死に絶えない・・・と説明します。

ジャガーマンの見立て

絶望的なデータしか出て来ない中、ギルガメッシュはジャガーマンの野生の勘を頼ります。

ジャガーマンの見立てでは、ティアマトが岸に上がってウルクまで2日とんことでした。

ラピュシュテムの牙も先ほどの黒泥の攻撃を防ぐのでダメージを受けていて、打つ手なし・・・

という大ピンチのジグラットにエレシュキガルの声が響き渡ります。

ティアマト攻略の鍵は冥界

どうやらエレシュキガルは「冥界に魂が届きすぎて困っている」とのこと。

ティアマトの圧倒的な攻勢によって、ウルク中の魂が冥界に向かってしまったのです。

そんな中、冥界が「死の国」であることに閃いた藤丸立花は、エレシュキガルに「ティアマトを冥界に落としたい」と提案します。

「命有る世界では死を知らぬというのなら、命無き世界に落とすまで」

ギルガメッシュはウルク全土に冥界への門を開き、ティアマトを冥界に落とす!とエレシュキガルに指示します。

ウルク全土を覆う死の穴を掘るには本来なら10年かかると言うエレシュキガル。

しかし、「ウルク憎し」で虎視眈々とウルクと冥界の接続準備を進めてきたエレシュキガルは「3日もあれば準備ができる」と恥ずかしがりながらも満面のドヤ顔です。

最後の切り札はイシュタルのグガランナ・・・のはずだった

ティアマトがウルクに到達するまでは2日。

エレシュキガルが冥界の門を設置するまでは3日。

最低でも1日、ティアマトを足止めしないといけません。

そしてティアマトを足止めする切り札としてギルガメッシュが指名したのが女神イシュタルでした。

女神イシュタルが従える天の牡牛・グガランナ。

ティグリス川すら干上がらせたいう逸話を持つ兵器に期待を寄せ、湧き上がる一同。

ジャガーマンに至っては小躍りまでしはじめる盛り上がりっぷりでした。

焦らすイシュタルに「切り札の見せ方を心得ている」と茶化していたギルガメッシュでしたが、「ありません」と小声でこぼしたイシュタルに絶句。

涙目で「落とした!どっかで無くしちゃったの!」「メソポタミア中探しまわったのにどこにも見つからないの!」と訴えるイシュタルに心底呆れかえる一同でした。

「私は駄目な女神です」

美と豊穣の女神にはおおよそ似つかわしくないマヌケなプレートを持って柱の脇に立たされる残念女神イシュタル。

頭を抱える一同を前に、解散し一旦休憩にするよう宣言するギルガメッシュ王。

「ウルクでの最後の休暇になる」「諦めるのではなく、明日生き延びるためにこの夜を過ごす」と絶望的な状況でも精一杯周囲の者を鼓舞し、戦士たちに一時の休息を与える姿はまさに王の風格に溢れていました。

【FGOバビロニア】第17話 感想・評価・まとめ!

ついに発動したイシュタルの宝具「山脈震撼す明星の薪(アンガルタ・キガルシュ)」、さらにはギルガメッシュの秘策「ラピュシュテムの牙」が登場するも、ティアマト神はそれ以上に強力な脅威として立ちはだかりました。

そんな中ようやく見つけた対抗策「ティアマトの冥界落とし」も、頼みの綱のグガランナが駄目神イシュタル様のドジっ子属性によってロストしてしまい、絶体絶命のピンチは依然脱していません。

果たして藤丸たちはどうやってティアマトを1日食い止めるのでしょうか!?

今回はロマニに、ジャガーマンに、エレシュキガルにと、ツッコミが炸裂しまくりのギルガメッシュが生き生きしてて楽しかったですね!

特にもはや相方ともいえるイシュタルに対してはキレっきれのツッコミを連発したあげく「駄女神」プレートを持たせてましたね!

ウルクとメソポタミアの状況は絶望的としてか言えませんが、王が愉快そうで何よりでした(笑)

そしてEDは通常運転のmiletさんの「Prover」で絵も第2クールの通常のものでした。

やはり前回のEDはシドゥリさん使用の専用EDだったのですね!

提供画面も先週のシドゥリさん追悼仕様から打って変わって両手を挙げるフォウくんのゆるい絵面だったりと、今回は前回からの反動からか、全体的にコメディ色強めで愉快な回でした。

次回からはギルガメッシュの言う通り、ウルクでの最後の休息を経て、ティアマトとの最終決戦に挑む!

いよいよ熱い局面になってきましたね!

「FGO-絶対魔獣戦線バビロニア-」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「FGOバビロニア」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする