【鬼滅の刃】禰豆子のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

鬼滅の刃における(個人的)圧倒的ヒロイン「竃門禰豆子(かまどねずこ)」!ただ可愛いだけでなく強さをも兼ね備えた、禰豆子の魅力について迫ります!

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 

禰豆子のプロフィール

誕生日は12月28日、現在年齢は14歳で、兄・炭治郎と年子、6人きょうだいの長女です。

第一話の時点で身長150cm、体重39kg、最終選別後には身長153cm、体重45kgと成長しています。

出身地は、東京都奥多摩郡雲取山(西多摩、雲取山)、趣味の裁縫は、商品として売れる程の腕前のため、自身でお気に入りの着物を直し長く着用しています。

好きなものは金平糖、得意技はそろばん高速はじき。指の動きに定評があるためか、禰豆子のデコピンは恐れられています。

可愛いビジュアルで可愛いものが好き、さらに女の子らしい趣味を持ち、いつ嫁に送り出しても問題なしの器量の持ち主にも関わらず、指の力が強いギャップを持っています。

禰豆子の設定

主人公の竃門炭治郎の妹であり、町でも評判の美人さん。ある日鬼に襲われた際に傷口へ鬼舞辻の血が入り込み鬼化してしまいました。この禰豆子を人間へ戻すため、兄 炭治郎との長い旅が始まります。

鬼は人を食うことで飢餓状態からの回復、さらに強い力を得ていきますが、禰豆子は鬼となっても自身の意志を持っており、人を襲うことはありません。

それは鱗滝がかけた、「人を傷つける鬼を許すな」という暗示が「鬼は敵」であり、「人間を家族」と認識するようになったといわれています。

ただ通常の鬼と同様、鬼である禰豆子は日光を浴びると塵となって消えてしまうため、普段は炭治郎の背負う木箱に入って眠っています。

また、禰豆子の名前の漢字には難しい字が充てられています。

漢字字典によると、「禰」という漢字に「父の霊廟(意味:祖霊を祀る施設のこと)」や「かたしろ(意味:祓えや祈禱などのときに用いる人の形をしたもの)」という意味がありました。

禰豆子の血鬼術の1つである爆血刀で炭治郎の日輪刀を赤くして鬼を切ることが、鬼を供養することになるのでしょうか。

とにかく、鬼を殺すことと禰豆子の存在は何かしら関連しそうな予感がします。

禰豆子の性格

鬼になる前は、自身のことよりも家族を優先する、炭治郎に似た家族想いの優しい少女でした。

長男の炭治郎が炭を売るため家を空けることが多く、下のきょうだいの世話をしたり、自身も山菜を採りに山へ出かけたりと、家の手伝いを献身的に行ってきたように見受けられます。

新しく自分の着物を買うのではなく、趣味の裁縫を活かし自分の着物を自分で直す。

節約したお金で下のきょうだい達に美味しいものを食べさせてあげたいという気持ちを持ち、自分のことは後回しに辛抱強く生きる女性としての姿に、当時らしい女性像が垣間見えます。

ただ、普段は温厚で優しい性格の禰豆子ですが、今は亡き弟の竹雄によると怒ると怖く、過去に小さい子にぶつかった大人に「謝ってください」と自分の身を顧みず言い放ち、人のために自分より強い者に立ち向かうという一面もあります。

鬼となった後も、他の鬼とは違い自分の意志を持って行動しています。

基本的には鱗滝の暗示の通り、敵である鬼に立ち向かい人間を守る行動を取りますが、鬼である珠世と愈史郎を人間と判断して2人を守る行動をとっています。(2人を自身の母親と弟として認識していました。)

誰かのために闘うことのできる正義感の強い性格は、鬼となっても変わりはないようです。

兄・炭治郎との絆

炭治郎の鬼殺隊入隊の目的は、鬼化した禰豆子を元の人間に戻す手がかりを見つけながら鬼を滅殺することです。

ただ現状、人間に戻る方法は確立されておらず、いつ戻ることができるかは誰にもわかりません。

禰豆子を鬼との戦いの場へ連れていくよりも、珠世たちに預けた方が比較的危険は少ないはずですが、禰豆子は自分の意志で炭治郎とともに旅をする道を選びます。

炭治郎も、もう二度と家族が離ればなれになることは嫌だと、禰豆子と一緒に行動しながら人間へ戻る手立てを探る選択をしました。

たった2人となった兄妹の新たな門出です。

また、上弦陸の鬼・妓夫太郎との戦闘中、妹や仲間を守りきれず一人で背負い込み気絶した炭治郎に対して、禰豆子が諭す白昼夢のシーンは、炭治郎に寄り添い、再び闘う力を与えます。

「精一杯頑張っても駄目だったんだから仕方ないじゃない。人間なんだから誰でも…何でも思い通りにはいかないわ。幸せかどうかは自分で決める。大切なのは”今”なんだよ。前を向こう。一緒に頑張ろうよ、戦おう。」という台詞から、自分が鬼となった”今”の状態でも、一緒に戦って進んでいこうというメッセージを炭治郎に送っているように感じます。

⇒【鬼滅の刃】竃門炭治郎のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

どうしてよく眠るのか

禰豆子は鬼になった直後から最終選別が終わるまで2年間も眠り続けてしまいます。

珠世曰く、その際に体が変化しているとの事で、禰豆子は他の鬼とは違い人間を食べる代わりに眠りにつくことで体力を回復しているといわれています。

人を食わず生存可能で太陽の光を克服したり、喋ることができるようになるなど人間の性質を併せ持ち、限りなく人間に近い鬼といえるでしょう。

まとめ

今回は鬼滅の刃のストーリーに欠かすことのできない、キーパーソン禰豆子について解説しました。

物語が進むに連れて、鬼でありながらも自身の身を挺して鬼と戦い人間を守る姿から、れっきとした鬼殺隊員だと周囲に認められるようになり一安心です。

鬼化したときから特別な鬼であった禰豆子は、珠世同様、鬼舞辻の呪いを無意識に解いて徐々に彼の支配から外れ始めています。

そのため鬼舞辻は、千年以上かけて探し続けている太陽を克服する手がかりである禰豆子をなかなか見つけることができません。

鬼殺隊vs鬼舞辻の最終局面、禰豆子は珠世の作った人間に戻れる薬を飲み、苦しみながら眠っていました。

このまま禰豆子が人間に戻ってしまえば、鬼舞辻の夢は途絶えるでしょう。

しかし、ラスボスである鬼舞辻が鬼殺隊に倒されてしまえば全ての鬼が滅ぶと言われている中で、禰豆子は死を免れ無事人間に戻ることができるのでしょうか。

鬼舞辻と戦闘中の炭治郎の危機を感じて眠りから目覚めた禰豆子は、おそらくまだ人間に戻れていない状態で戦場へ導かれるように走り出します。

戦いに合流し、炭治郎のヒノカミ神楽と融合して勝利の女神になるのでしょうか。

禰豆子の生死はいかに。

鬼殺隊の勝利に禰豆子が鍵を握っていることは間違いありません!

今後の禰豆子の活躍が楽しみです。

⇒【鬼滅の刃】竃門炭治郎のキャラ紹介!設定・考察・関連人物など

「鬼滅の刃」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「鬼滅の刃」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法! 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする