【ランウェイで笑って】第5話 感想・ネタバレ・評価 育人と心がファッションショーに挑む!

ランウェイで笑って 5着目 「それぞれの流儀」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

アトリエでの仕事を終えた育人は、遠と共に助っ人に来てくれた、長谷川心(はせがわこころ)という大学生と話し込むことに。

遠の後輩である心は、モデルとして活躍しながら、デザイナーを目指していた。

しかし心は、モデル事務所のマネージャーに、デザイナーになるのをやめろと迫られてしまう。

育人はマネージャーに、心の決意を見せつけるため、大学のファッションショーに心も出ようと声をかける。

それぞれの夢のため、ファッションショーの予選に挑むことになった育人と心だが……!?

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

ランウェイで笑って 第5話 あらすじ

ランウェイで笑って 5着目 「それぞれの流儀」

柳田のアトリエでの仕事を終え、帰宅しようとする育人ですが、人身事故で止まってしまった電車の復旧作業を待っていました。

電車を待っている間、長谷川心という、デザイナー志望の大学生と話し込みます。

心は遠と共に、柳田のアトリエに助っ人に来てくれており、遠の後輩でもありました。

心はすでに、モデルとして活動していますが、デザイナーになりたくて大学で学んでいます。

しかしモデル事務所のマネージャーが、心に大学をやめるよう迫りました。

育人は心に、一緒に大学のファッションショーに出て、マネージャーに夢を認めてもらおうと声をかけます。

ファッションショーに参加することになった心と共に、ファッションショーの予選に挑む育人ですが、予選の課題内容に苦戦してしまいます。

育人は課題のヒントを得るため、千雪に助けを求めるのでした。

ランウェイで笑って 第5話 内容ネタバレ

モデルでありながらデザイナーを目指す心

アトリエでの仕事を終えた育人ですが、人身事故により電車が止まってしまいます。

復旧作業を待つ間、遠と共に助っ人に来てくれた、長谷川心という大学生と過ごすのでした。

心は遠と同じ大学に通っており、すでにモデルとして活躍していますが、デザイナーを目指して学んでいます。

心が初めて参加したファッションショーは、遠の義母でもある、日本のトップデザイナー綾野麻衣のコレクションでした。

そこで綾野麻衣から受けた言葉がきっかけで、心はデザイナーを目指します。

初めてのファッションショーが綾野麻衣のコレクションと聞いた育人は、心とは、すごいモデルなのかもしれないと驚きます。

夢を認めてもらえない心

マネージャーに退学を求められてしまう

育人は大学の学園長に、助っ人としての心の様子を尋ねられました。

戦力になっていないだろうと話す学園長ですが、心とはデザイナーとしてのセンスがあり、教えたことは翌日には必ずできる人物だとも伝えます。

すると育人は大学の外で、心が誰かともめている所を見つけました。

育人が心を助けようと駆け寄りますが、心ともめている人物は、心のモデル事務所のマネージャーだったのです。

そしてマネージャーは心へ、今月中には大学を辞めておけと告げるのでした。

さらにマネージャーは、デザイナーになりたいふりをしているだけだと、心に厳しい言葉をぶつけます。

言い返せない心はマネージャーに連れられ、その場を去ってしまいました。

しかし育人は、心の落としたノートに気付きます。

デザイナーになりたい心

育人とファッションショーを目指す

育人は心が落したノートを届けに、心の家に向かいました。

すると心は育人に、モデルとしての苦悩を話し始めます。

心がモデル事務所に入ると、周りのモデル達は恵まれた体格を持つ心に対し、嫉妬の感情をぶつけました。

初めてのファッションショーで綾野麻衣のコレクションに参加たのも、体格という才能のお陰だと言われてしまいます。

心自身も観客の視線を浴びると、緊張で頭が真っ白になってしまうのでした。

モデルの仕事が嫌でなければ、デザイナーを目指していたか分からない心は、マネージャーの言葉が否定できなかったのです。

しかし育人は学園長の、心にはデザイナーとしてのセンスがあるという言葉を思い出します。

そして、育人が届けにきたノートには、服作りについてのメモや、デザイナーになりたいという心の気持ちが書かれていました。

育人は、心の思いは本物だと確信し、心を大学のファッションショーに誘います。

ショーに出て、心の本気と実力と、マネージャーに思い知らせてやろうと意気込むのでした。

ファッションショーの予選開始

課題に苦しむ育人

育人と心はブロックに分かれ、ファッションショーの予選に参加することになりました。

育人のブロックには、東京コレクションにフィッターとして参加していた、木崎香留(きざきかおる)という生徒がおりライバル視されます。

予選の課題内容は、三分の一スケールドールの服を作ることでした。服のテーマは、一流モデルのセイラに似合う、おしゃれな服というものを示されます。

簡単ではないテーマに、育人は得意のパッチワークで挑みますが、安い布ではセイラに似合う服は作れないと気付くのでした。

課題のヒントを探す育人

千雪にヒントを得る

課題に行き詰まった育人は、千雪にセイラのことを教えて貰おうと家を訪ねます。

そこで育人は、セイラとは、テレビでは天然なキャラクターとして活動しながら、モデルとしては膨大な量のトレーニングを重ねる、ストイックな人物だと知りました。

それは、セイラがモデルとしては小柄な、171㎝という身長が関係しています。

千雪は、自分が目指すべき道は、小柄ながら世界に通用するモデルであるセイラにあると、セイラを真似て日々トレーニングを重ねていました。

頑張る千雪の姿を見た育人は、課題のヒントを思い付きます。

ランウェイで笑って 第5話 感想・評価・まとめ

これまで、自分の夢に強い意志を示せるキャラクターが多く登場してきた中、モデルとデザイナーの間で揺れる心の存在は新鮮でした。

無事に育人と心は予選を突破できるのか、楽しみです。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする