【空挺ドラゴンズ】第5話 感想・ネタバレ・評価 クィン・ザザ号を空中海賊が襲う!

空挺ドラゴンズ 第5話目 「空中海賊とパストラマ」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

補給と納品のため、大きな町を目指すクィン・ザザ号のクルー達。

のどかな天気の下、安全な航行にのんびりとしていると、海上の貨物船から救難信号を受ける。

ミカを先頭に、複数のクルーが救助に向かうが、貨物船はもぬけの殻だった。

クルー達が、なぜ誰もいない船が、救難信号を上げているのかと疑っていると、空で待機するクィン・ザザ号に、急速に接近する船が現れる。

それは、空で悪事を働く船、空中海賊だった!

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

空挺ドラゴンズ 第5話 あらすじ

空挺ドラゴンズ 第5話目 「空中海賊とパストラマ」

大きな町を目指し航行、クィン・ザザ号のするクルー達。

天気もよく、安全な航路を行く彼らは、のんびりとした時間を楽しんでいました。

しかし、大所帯のクルーを抱えるクィン・ザザ号は、並の捕龍船よりお金がかかります。

船の金銭面を管理するリーはクルー達に、このままでは捕らえた龍の数が足りず、大赤字になってしまうと訴えました。

節約のため、寂しい内容となる食事に、クルー達は飽きてきてしまいます。

すると、見張りをしていたヴァナベルが、海上で救難信号を出している船を見つけます。さっそくミカを先頭に、助けに向かうことにしました。

しかし船には誰もいません。

すると、空でミカ達を待っていたクィン・ザザ号に、空中から得体の知れない船が近付いてきます。

それは、空で悪事を働く船、空中海賊でした。

すぐにミカ達を回収し、逃げ出そうとするクィン・ザザ号ですが、追いつかれてしまいます。

クィン・ザザ号に乗り込もうとする空中海賊と、クルー達の戦いが始まるのでした。

空挺ドラゴンズ 第5話 内容ネタバレ

龍が捕れないと大赤字

クィン・ザザ号のクルー達は、いい天気の下、安全な航行を楽しんでいました。

もうすぐ大きな町に着くと、久々の休暇を楽しみにしています。

しかし、船の金銭面を管理するリーというクルーは、一人頭を悩ませていました。

捕龍船とはお金がかかりますが、高額で取引される龍を、捕獲さえできればまかなえます。

しかしクィン・ザザ号は、並の捕龍船より大所帯であり。このままでは捕らえた龍の数が足りず、大赤字になってしまうのでした。

寂しい食事に落ち込むクルー達

同じ内容が続く食事

リーに節約を求められたクルー達は、龍の肉を食べないように努めます。

しかし、船の上での生活において、唯一の楽しみである食事が寂しくなることに、クルー達は肩を落とします。

タキタはそんなクルー達を、もう少しで大きな町に着くから頑張ろうと励ましました。

船内の空気が明るくなる中、見張りをしていたヴァナベルが、何かを見つけます。

空っぽの貨物船

救助に向かうミカ達

ヴァナベルが見つけたのは、海上で救難信号を上げる貨物船でした。

すぐにミカ、ヴァナベルを中心に、複数のクルーが救助に向かいます。

しかし、貨物船の中には誰もいません。

すでに救助された後なのだろうかと、ミカ達が貨物船の上で話していると、ミカ達を待つクィン・ザザ号に、空から急速に迫る船が現れます。

空中の船に気付いたヴァナベルに促され、ミカ達はすぐに、クィン・ザザ号に引き上げました。

クィン・ザザ号で待機していたクルー達も、異変に気付きます。

ギブスの指示を受けたクィン・ザザ号は、すぐに貨物船から離れようと高度を上げますが、謎の船はどんどん距離を詰めてきます。

謎の船は、空で悪事を働く空中海賊の船であり、海上の貨物船は、彼らの撒き餌だったのです。

クィン・ザザ号と空中海賊の攻防

絶体絶命のクルー達

クィン・ザザ号は、空中海賊を振り払おうと速度を上げました。

しかし、速度で上回る空中海賊に追いつかれてしまいます。

空中海賊はクィン・ザザ号に、機関銃で攻撃をしかけました。

慌てて船内へ逃げ込むクルー達ですが、タキタが撃たれそうになり、間一髪でミカに救われます。

ですが、軽いものであるものの、タキタはケガをしてしまいました。

船内に逃げ込んだクルー達は、単発銃で空中海賊に応戦しようとします。

しかし、機関銃に対し単発銃である上に、クルー達の銃は龍を捕らえることを目的に作られているため、人間のような小さい的を狙うようにはできていません。

クルー達が思うように動けない中、空中海賊は船の形をしたタコを飛ばし、クィン・ザザ号に乗り込もうとします。

その時ミカは外へ飛び出すと、タコと空中海賊の船を繋ぐロープを利用し、空中海賊の船へ乗り込むのでした。

空中海賊を制圧するミカ

戻ってくる日常

銃も持たず一人で乗り込んできたミカに、船にいた空中海賊は度肝を抜かれます。

すぐに銃で攻撃しようとする空中海賊を、ミカは素手で返り討ちにしました。

ですがお腹が空き、何か食べ物はないかと、空中海賊に尋ねます。

ミカは、空中海賊が持つ食糧の中、龍の肉のパストラマを見つけ大喜びしますが、パストラマを機関銃で吹き飛ばされてしまいます。

一網打尽とされたはずの空中海賊は、まだ一人が隠れており、その一人がミカを攻撃しようと機関銃を撃ったのでした。

そしてその一人は、タキタにケガを負わせた者でもあったのです。

パストラマに夢中になっていたミカは我に返ると、最後の一人を殴り飛ばすのでした。

ミカを見守っていたクルー達は胸をなでおろすと、遠くで龍を見つけます。

お金がない中、逃す訳にはいかないと、慌てて捕獲へ向かいます。

忙しなく、日常へ戻っていくのでした。

空挺ドラゴンズ 第5話 感想・評価・まとめ

戦う相手は龍だけではないのかと、ハラハラする内容でした。

また、今まで紹介されてきたクルー達が活躍する内容でもあり、これまでで最も、群像劇のよさを感じることができる内容だったと感じます。

無事に空中海賊を追い払ったクィン・ザザ号のクルー達ですが、今度こそゆっくりできるのか楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする