【ランウェイで笑って】第4話 感想・ネタバレ・評価 柳田のアトリエにやってきた助っ人の正体は……!

ランウェイで笑って 4着目 「若き才能たち」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

東京コレクションを終えて、帰宅する育人。

しかし、デザイナーを目指して柳田の下で働き始めたことを、家族に伝えられずにいた。

一方、大きな注文を受けることに成功した柳田のアトリエだが、人手不足を解消するため、助っ人を引き入れることに。この助っ人が実は……!?

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 

ランウェイで笑って 第4話 あらすじ

ランウェイで笑って 4着目 「若き才能たち」

無事に東京コレクションを成功させ、帰宅する育人。

しかし、デザイナーを目指して柳田のアトリエで働き始めたことを、家族に伝えられずにいました。

これが原因となり、育人の妹である長女のほのかと、不和が生じてしまいます。

一方柳田のアトリエでは従業員が辞めてしまい、近日に迫っていた展覧会を、育人と柳田の二人で行わなければならないことになりました。

展覧会で大きな注文を受けることに成功した育人と柳田ですが、人手が足りません。

そこで柳田は、服飾大学の学園長に、学生を助っ人として貸してくれないかと頼みました。

すると学園長は、大学主催のファッションショーに育人を誘います。

大学に招かれた育人はそこで、綾野遠(あやのとお)という学生に出会いました。

抱きしめるだけで相手のスリーサイズを当てられる遠に戸惑う育人ですが、遠が助っ人に来てくれることに喜びます。

ですが遠は、日本でもトップクラスのデザイナーである義母を持つ、天才デザイナーなのでした。

ランウェイで笑って 第4話 内容ネタバレ

夢を追うことを伝えられない育人

東京コレクションから帰宅する育人ですが、帰りが遅くなってしまいます。

妹達に心配されてしまいますが、中でも長女のほのかに、何をしていたのかと厳しく問い詰めらます。

育人は、デザイナーを目指して柳田の手伝いを始めたことを、まだ家族に伝えられていないのでした。

育人は、就職ではなくデザイナーの夢を選ぶと、妹達のためにお金を用意してあげられなくなる後ろめたさから、バイトを増やしたとごまかしてしまいます。

また、ほのかの態度が厳しい理由も、夏期講習にお金がかかること、育人に言えないからでした。

育人がデザイナーになりたい理由

好きなだけではやっていけない

柳田は育人に、どうしてデザイナーになりたいのかを尋ねます。

また柳田は、デザイナーとは、好きなだけではやっているいける業界ではないことと、好きである先に夢がないと、挫折してしまう仕事だとも伝えます。

育人に夢をきかれた柳田は、パリ・ファッション・ウィークに出ることだと答えました。

好きなだけでなく、その上で夢を持つ柳田に、育人は千雪の姿を重ねます。

そして、余りの布をくれないかと言う育人に、柳田はお給料を渡すのでした。

自分の気持ちを伝える育人

自分も夢を追うと妹達に伝える

育人は帰宅すると、柳田から貰ったお給料を、ほのかに渡そうとします。

ほのかは、いつも自分のことを後回しをする育人に、誰かの犠牲の上に夢を叶えても嬉しくないと、涙を見せます。

育人はほのかの姿に、柳田の下で、デザイナーの勉強をさせてもらいながら働いていることを明かすのでした。

さらに妹達に、自分もデザイナーを目指すから、お金のことは気にせず、好きなことをしなさいと伝えます。

そして育人は、自分にデザイナーなってほしいと願ってくれる人のために、着た人が笑顔になる服を作るためにデザイナーになりたいと、夢への気持ちを確かめるのでした。

助っ人を探す柳田のアトリエ

大きな仕事を受ける柳田と育人

従業員の一人が、辞めることになった柳田のアトリエ。

迫る展示会の準備は、柳田と育人で行うことになりました。

展覧会当日、柳田の服は百貨店の目に留まり、二週間で四百着用意して欲しいと注文を受けます。

無茶な要求に驚く育人ですが、柳田は服飾大学の学園長に、助っ人がほしいと声をかけました。

すると学園長は、大学主催のファッションショーに育人を誘います。

大学に招かれた育人は、綾野遠(あやのとお)という、抱きしめただけで相手のスリーサイズが分かる、変わった生徒と出会いました。

育人は、遠と、遠の後輩である、長谷川心(はせがわこころ)を助っ人にできたことに喜びます。

しかし遠は、日本のトップデザイナーを義母に持つ、天才デザイナーなのでした。

育人の才能を見抜く遠

育人を連れて行きたい遠

柳田が注文を受けた服は、シルクに近い性質を持つ、特注生地でできたシャツでした。

早速柳田は、育人達と作業を始めようとします。

しかし、シャツの生地を発注していた工場から、生地が届かない事態に陥りました。

時間がない中、加工の難易度が上がるシルクの生地で、シャツを作ることになります。

柳田はまず、遠にシャツを作らせようとしました。

しかし、育人の力量を見たい遠は、育人に先を譲ります。

頑張る育人ですが、力不足から失敗してしまいました。

次に作業した遠は、見事にシャツを完成させます。

遠のシャツを、工場用の図面に起こす作業に入りますが、柳田はその作業を、育人に任せました。

遠がシャツを作る様子を見てから起こした育人の図面は、自身でシャツを作った際のミスが抑えらえ、図面としての正確さが増しています。

自分が長年かけて身に付けた服作りのセンスを、既に手に入れようとしている育人に、遠は興味を示しました。

そして遠は柳田に、自分のブランドのパートナーに、育人を連れて行きたいと言い出します。

ランウェイで笑って 第4話 感想・評価・まとめ

前半は育人と家族との、後半は、柳田のアトリエを中心とした、遠についての内容でした。

育人の家族はみんなが家族思いだと感動する一方、遠の読めない言動には驚かされます。

最後には、育人を自分のブランドに連れて行きたいと言い出した遠ですが、柳田がどう答えるのか楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする