【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第5話 感想・ネタバレ・評価 魔女いろは

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」第5話の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

いろははういと、やちよはみふゆとの会合、みふゆとの戦闘、そして、いろはの魔女化等について、また、感想についてもまとめていきます。

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第5話 あらすじ

口寄せ神社の絵馬に、いろはは妹・ういの名前を、やちよはかつての親友・みふゆの名前を書いた。
噂通りにういとみふゆが現れるが、二人はいびつな偽物だった。
いろはとやちよは、偽物のみふゆ、そして口寄せ神社の主である馬のバケモノに襲われ、絶体絶命の窮地に陥る。
ソウルジェムが濁り意識が遠のく中、いろはに起こった変容とは……。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 』公式サイトより

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第5話 内容ネタバレ

ういとの再会

遂にういと再会を果たしたいろは。ういに声を掛けますが、ういと思われる人物は逃げてしまいます。

唐突に逃げていたういが止まり、いろはに振り返り、いろはは、ういを抱きしめます。しかし、ういの口から予想もしない言葉が紡がれます。

運命を変えたいなら神浜市に来て、この町で魔法少女は救われるから

困惑するいろは。どうしてういが魔法少女のことを知っているのかと問うが、ういは、先の言葉を繰り返し続けます。いろはは、目の前のういが本物ではないと疑念を抱きます。

 

傍にいた小さいキュウべぇが鳴き、いろはは、ういから注意をそらされます。

辺りを伺うと口寄せ神社のウサワを実践し、その空間に残る選択をしたと思われる多くの人たちが倒れていました。また、その倒れていた人達の隣には、実体のない人形のようなものもいました。

視線をういに戻すと、彼女は、いつの間にか消えていました。

ういについて思いを巡らすいろはですが、彼女は、自身のソウルジェムが濁っていくことに気づきませんでした。

みゆふとの再会

やちよは、目の前のみゆふが自身の知る人物であるか疑念を持ち、本当に貴方なのと問います。

それに対して、みふゆは、相変わらず疑い深いのねと返します。しかし、やちよは警戒を解きません。みふゆは、どうしたら信じてくれますかとやちよに問いますが、やちよは答えに窮してしまいます。

そんなやちよに対して、みふゆは、やちよと実際に交わした出来事、手紙、おばちゃんが入院した時の出来事、やちよが大切に扱っているマグカップのことなど、当人同士でしか知りえないことを次々と語っていきます。

やちよは、今までどうしていたのか、さらに、なぜ私の前に現れたのかと問います。

それに対してみふゆは、長い長い時間をかけて説明する必要があると言います。

やちよは、一緒に帰りましょうと提案しますが、みふゆは、その提案を断ります。

なぜなら、みふゆは、長く今の空間に留まり体が馴染みしみてしまったからだと言い、続けて一緒に帰ることはできないから、やちよがこちらに留まるようにと逆提案をします。

そんな時、いろははがやちよのもとに駆け寄って、やちよはハッとします。そして、みゆに対して、再度一緒に帰ろうと手を取ります。

みふゆの回答は、やちよに対して精神攻撃のようなものを仕掛けます。しかし、それは、完全なものではありませんでした。

みふゆは、不完全な状態なのは、いろはの存在があるからだと考え、魔法少女姿となっていろはと対峙します。

VSみゆふ

みふゆの先制攻撃からいろはとみふゆの戦いの火蓋が切られました。

みふゆの初撃を回避したいろはは、みふゆに対して自身の武器の弓から放つ魔法弾によって弾幕を形成しますが、みふゆは軽業師のように避けながらいろはとの距離を詰めます。

後一歩で攻撃がいろはに通るとなった時、やちよの槍がみふゆの背中に突き立てられます。

みふゆの撃退に成功しますが、いろはから先ほどのものは、偽物であると言われても、やちよ自身も偽物と分かっていても攻撃したことに対しての動揺を隠せない、やちよ。

そんなやちよのソウルジェムもいろは同様、不気味な濁りが発生していました。

VS空間の主

偽みふゆとの戦闘後、鶴乃が合流してきました。彼女は、もともと別の存在と戦闘をしていましたが、それが唐突に消え、いろは達のもとへと向かったのではと危惧し、いろは達のもとへと来たようです。

すると空間全体を揺るがす地震が発生し、その空間の主と思われる存在が底から浮上し、戦闘になるいろは達3人。

しかし、空間の主には、いろはと鶴乃の攻撃は効かず、有効打を与えられるやちよの攻撃は、ものの数秒で回復されてしまいます。

劣勢を悟ったやちよは、自身が囮になることで、他の2人に出口を探すよう指示しますが、その指示に逆らっていろはは戦闘を継続します。

いろはは、主の攻撃に合い地に伏します。そこに駆け付けるやちよは、いろはのソウルジェムが濁っていることに気づきます。そこに、主は攻撃によって鶴乃が落ちて来ます。

いろはの魔女化

空間の主から撤退するやちよ達。その途中、突如としていろはは魔女になってしまいます。

そして、やちよ達ですら逃げる事しかできなかった主を倒します。

主が作り出した空間から図らずも脱出できたやちよ達が安心するのも束の間、魔女化したいろはは、鶴乃に対して攻撃を仕掛けます。

しかし、その攻撃は、巴マミの横やりによって止まり、さらに魔女化したいろはの救出に成功します。

お泊り会

気絶したいろはは、やちよの家で目を覚まします。しかも、目覚めた時間が遅いため、やちよの好意により泊まらせて貰うことに。

やちよは、料理が出来たため、いろはのもとへ向かいますが、いろはは熟睡していました。

やちよは、窓際に座るみふゆの幻影を見ます。

そして、やちよが戦い続けるのは、みふゆが消えてしまったという現実とその大きさを自身に刻み付けるためだと独白します。

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第5話 感想・評価・まとめ!

口寄せ神社のウワサで、いろはとやちよはどちらも会いたいと思える人物には、会えましたが、それは記憶と姿だけを模った偽物だったようです。

当人同士でしか知り合えないような記憶を話されたら誰でも本物だと思うのに、偽みゆきの甘言に乗せられなかったやちよには、驚きを禁じえません。

そして、数分しかありませんでしたが、マミさんが登場しましたね!

いろは達3人掛かりで手も足も出なかった空間の主を倒した魔女化したいろはを、不意打ちとはいえ一撃の下で撃破してみせました。マミさん、強すぎない??

今話では、まさか主人公のいろはが魔女と化すとは、驚きました!

ソウルジェムが濁ったことが関係あるような描写でしたが、一体、どんな現象なのでしょうか。今後のストーリー展開にどのように絡んでくるのか、第6話が楽しみですね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする