【ランウェイで笑って】第3話 感想・ネタバレ・評価 千雪の衣装を直すことになった育人だが……!

ランウェイで笑って 3着目 「ランウェイで笑って」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

東京コレクションに参加する柳田のブランドですが、トラブルが続出してしまいます。急遽モデルとして呼ばれた千雪の衣装を直すことになる育人ですが、開演時間が迫っており……!

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 

ランウェイで笑って 第3話 あらすじ

ランウェイで笑って第3話 「ランウェイで笑って」

東京コレクション開演まで時間がない中、育人は柳田に、千雪の衣装を直してもいいかと尋ねました。

選択の余地がない中、柳田は、育人に許可を与えます。

育人は、柳田のブランドのイメージを壊さないよう、千雪の衣装を作り直そうとするものの、時間も道具も足りません。

焦る育人に、開演時間が迫ります。

スタッフの中で、長身の人をモデルにするという案も上がる中、千雪は育人を、私の服を作るのは得意だろうと励ましました。

励ましを受けた育人は、周りの支えを受けながら何とか千雪の衣装を完成させ、千雪をランウェイへ送り出します。

育人に負けていられないと踏み出す千雪ですが、アクシデントが千雪を襲うのでした。

ランウェイで笑って 第3話 内容ネタバレ

柳田のブランドの将来がかかった東京コレクション当日、モデルの一人が現れないという非常事態が起こりました。

急遽代役としてやって来た千雪のために、衣装を直してもいいかと、育人は柳田に尋ねます。

ブランドの将来をかける代わりに、柳田から許可を得た育人は、早速衣装の直しにとりかかりました。

しかし現場には、十分な道具や設備が整っていなかったのです。

追い込まれていく育人

足りない道具と迫る時間

柳田のブランドのイメージを壊さないよう、千雪の衣装を作り直そうとする育人ですが、衣装は厚い生地でできていました。

千雪の身長に合わせて裾を切ってしまうと、布がほつれないようにする作業に時間がかかってしまいます。

手縫いではとても間に合わないと、育人は慣れない機種のミシンで対応しようとしますが、今度は厚い生地を縫える針がありません。

刻一刻と迫る開演時間とプレッシャーに、育人は焦っていきます。

衣装のデザイン画を描こうとするも、手が動きません。

東京コレクション開演まで、あと一分。

スタッフの中で長身の人をモデルにするという案も上がる中、千雪は育人に歩み寄ります。

育人を励ます千雪と、動き出す育人

千雪の言葉に、本領を発揮する育人

千雪は、私の服を作るのは得意だろうと、笑顔で育人を励ましました。

千雪の励ましを受けた育人は、柳田のブランドのイメージに合う服を作らなければならないと、狭まっていた視野に気付きます。

そして、千雪の持ち味を活かす視点で、衣装直しを始めました。

とうとう東京コレクションは開演され、千雪の出番が迫ります。

柳田のブランドは、身体のラインを隠す優美なフォルムがコンセプトでした。

しかし、千雪のよさは、スタイルのよさと力強い雰囲気だと感じた育人は、動きのある服がいいと考えます。

そして、千雪の緊張が解けるような服にしたいとも思いました。

さらに育人は、裾をほつれないようにする処理が間に合わないなら、裾を見えなくすればいいと、自分のベルトを用い、丸めた裾を縛るという機転もきかせます。

育人に協力するスタッフとモデル達

一丸となって千雪をランウェイへ送り出す

育人は、あともう少しで完成する所まで作業を進めるも、千雪の出番までに間に合いません。

そこに、育人が衣装を完成させるまで時間を稼ぐと、モデルの一人が言い出します。

モデル達はランウェイから戻って来るたびに、育人が千雪の衣装を直す様子を見ていました。

モデルの皆も、育人が作る服を楽しみにしているので頑張れと、育人は激励を受けます。

育人は何とか作業が間に合いそうになった中、もう一度自分が作った服を、千雪に着て欲しいという夢が叶ったと、千雪に話し出します。

しかし千雪は、叶っていないと否定しました。

これは育人のブランドの服ではない。早くプロにならないと、駆け出しのデザイナーでは雇えないようなハイパーモデルになってしまうぞと、育人に笑いかけます。

千雪の出番まで、あと十秒。

衣装を完成させた育人は、いよいよ千雪をランウェイへと送り出しました。

アクシデントが千雪を襲う

支え合う千雪と育人

モデルとしては、考えられないほど小柄な千雪がランウェイに現れると、観客は動揺を見せます。

緊張する千雪ですが、懸命に衣装を仕上げた育人には負けたくないと、自分を奮い立たせました。

しかし途中で、ヒールが折れてしまいます。

その場に崩れてしまう千雪。

ですが、もし千雪が緊張で転んでしまった時のためにと、育人は衣装に仕掛けを施していました。

千雪が転んだ拍子に、背中で結んでいた裾がほどけ、衣装の形が変わります。

その仕掛けに観客は息を飲み、千雪へ視線が注がれました。

普段は頼りないが、助けてくれた育人に、千雪は笑みを浮かべて立ち上がります。

転ばないことと、ランウェイでは笑ってはいけない。

この、モデルをやっていく上で絶対とされている二つのルールを破って笑う千雪に、観客は割れんばかりの拍手を送ります。

こうして柳田のブランドは大成功を収め、育人もその才能を、柳田に認められるのでした。

ランウェイで笑って 第3話 感想・評価・まとめ

迫る開演時間が緊張感を生み、最後まで目が離せない回でした。

また、裏方の育人と、表舞台に立つ千雪のバランスが非常によかったです。

二人三脚で挑んでいく二人と、二人を支える周りの大人達が、団結していく様子も素敵でした。

東京コレクションを乗り越えた二人の、今後の活躍が楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする