【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第3話 感想・ネタバレ・評価 かえで救出作戦

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」第3話の内容のネタバレ・感想・評価を紹介します。

冒頭に登場する新キャラクター、調整屋 八雲みたま、かえで救出作戦などについて、また、感想についてもまとめていきます。

※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第3話 あらすじ

レナは絶交階段にかえでの名前を書いてしまっていた。
レナに謝ったかえでは、絶交階段の噂通りに、鎖のバケモノに連れ去られる。
かえでを取り戻すため、ももこ達は、鎖のバケモノをおびき寄せる作戦に出る。
ももこに協力を求められ、同行することになったやちよ。
しかしやちよは、いろはを足手まといだと言い、鎖のバケモノとの戦いへ連れていくことに反対する。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 』公式サイトより

 

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第3話 内容ネタバレ

灯花とねむ

いろはは、妹のういが入院していた時に友人であった、里見灯花と柊ねむの存在を思い出します。

調整屋 八雲みたま

ももこから連絡があり、合流するいろは。

再び調整屋に赴いたももこ達だが、ちょうどその時は、調整屋の八雲みたまが別の魔法少女の調整を行っていた。

ももこがここに赴いたのは、やちよにかえで救出に協力を持ち掛けるためでした。やちよは、かえで救出に力を貸すと言いますが、足手まといのいろはとは行動を一緒にしたくないと言います。

ももことレナは、かえでを思ってここまで来てくれたいろはを擁護しますが、やちよは戦えないものを連れていくのは反対だと話は平行線を辿ります。

そこに調整屋のみたまが、いろはのソウルジェムを調整することを提案します。

ソウルジェムを調整することで、今まで引き出せなかった力を引き出すことができるようになると調整屋のみたまは告げます。

その提案によりしぶしぶ了承するやちよですが、いろはに、もし調整を受けても弱いままなら、貴女は自分の目的の為に誰かを犠牲を出し続けることを忘れないで、と警告します。

かえで救出作戦始動

絶交階段の噂を利用し、鎖の魔女をおびき出すために、絶交階段に互いの名前を書くももことやちよ。ももこ達は、魔法少女姿に変身し、作戦を実行に移します。

しかし、ももことやちよが謝りあっても、鎖の魔女は現れませんでした。

そして、レナは、私がやらなきゃと決意を固めて、かえでに向かって謝りますが、それでも鎖の魔女は現れませんでした。

いろはは、ちゃんと心からの言葉でないからと指摘しますが、レナは、そんなすぐに仲直りしたいなんて気持ちにはなれないと返します。

ももこは、そんなレナを咎めますが、レナはそれをきっかけにして自身がかえでに抱いていた感情を吐露し、かえでに私の友達に居させてごめんねと謝ります。

すると、鎖の魔女が出現します。

レナの本心

図らずも、かえでと合流したいろはとレナ。しかしそこは、やちよとももことは離された場所でした。

そんな時、小さなキュゥべぇがいろはの肩に飛び乗り、いろはが気づくとある方向目指して走り出します。その方向は、鎖の魔女の本体と思しき大きな鐘がありました。

その本体に向かい合うなか、レナとかえでは話し合い、レナは、この空間から出たら本心を言うと告げます。

鎖の魔女本体と思しき鐘を破壊することに成功したレナとかえで。魔女が作りだした空間は崩壊し、学校の屋上にレナとかえでは戻ってくれることが出来ました。

そして、レナはかえでに本心伝えて、レナとかえでは、仲直りします。

かえで救出を終え、一件落着かのようにみえたが、やちよは、魔女がグリーンシードを落とさなかったことを訝しみます。

さらに、条件を満たすことでどこにでも出現する魔女という存在、しかも寸前まで魔力すら感じさせなかったことから、今の神浜は何かがおかしいと呟きます。

最後に、かえでたちを一瞥し、ももこにあなた達良いチームね、と言い残しその場を後にします。

妹への手がかり

レナは、変身の能力を使い、里見メディカルセンターに潜入しました。

そして、やはり、いろはの妹のういを覚えている人はいないと告げられます。しかし、夢で見た灯花とねむのことを覚えている人はいたと言われます。

レナにより彼女たち2人はすでに退院しているということが分かりました。ういの存在に関わる2人の存在が知れたことを喜び、いろはは、レナにお礼を言います。

お礼を言われたレナは、照れて顔を反らしますが、反らした先には、その様子を暖かく見守っているかえでとももこがいました。

決意を新たに

灯花とねむの2人が実在することを知ったいろはは、妹ういを見つけ出すことを新たに誓います。

巴マミさん登場!!

神浜市に魔法少女を集めてグリーンシードを独占する噂が流れており、神浜市に入ると意識を保てないキュゥべぇは、巴マミに調査を依頼します。

巴マミは、現地の魔法少女と諍いになることを懸念していましたが、その依頼を快諾します。

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝】第3話 感想・評価・まとめ!

前回に続いて、また新しいキャラクターが登場しましたね。

そして、その新キャラクターがういの行方の手がかりになることでしょう。

前回では、鎖の魔女に捕らわれたかえでに不穏な空気が漂っていましたが、誰一人マミる(欠ける)ことなく、救出を終えたことで胸を撫で下ろした方は多いのではないでしょうか。

やちよが懸念する魔女と神浜市の変化は、今後どう物語に関わってくるのか、そして今回も登場した存在しないはずの小さいキュゥべぇは、一体どんな存在なのか、なぜ、いろはの前にだけ現れるのか、灯花とねむは、物語に関わってくるのか、ういの行方につながるのかも、注目ですね!

今回は、エンディングの後に、多くの方が登場を待ち望まれていた巴マミが登場しました!

キュゥべぇに依頼され神浜市へ向かう様子が描かれています、早ければ4話にも登場することでしょう、マミさんの活躍がどのように描かれるのかも楽しみですね! 今後、まどかやほむらも遠からず登場するかもしれませんね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする