【ランウェイで笑って】第2話 感想・ネタバレ・評価 夢を諦めない育人は、新進気鋭のデザイナー・柳田一の下で働き始めるが……!

ランウェイで笑って 2着目 「プロの世界」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

ミルネージュの社長に、デザイナーとしての雇用をなかったことにされてしまう育人。しかし、柳田一というデザイナーを紹介され、彼の下で手伝いを始めます。

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未視聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 

ランウェイで笑って 第2話 あらすじ

ランウェイで笑って 2着目 「プロの世界」

千雪から、オーディションの衣装を作ってくれた育人は、芸科大生だと伝えられていた社長は、育人を雇いたいという話をなかったことにします。

そして、見栄を張ってしまい、高校生の素人が作った服でオーディションに来たと伝えられなかった千雪は、社長に厳しく叱られてしまいました。

雇用をなかったことにされ落ち込む育人ですが、もう一度社長に、ミルネージュで雇ってもらうよう頼みに行きます。

 

そこで社長に提案されたのは、ミルネージュから独立したデザイナーの手伝いをしてみないかという話でした。

社長に紹介されたデザイナー、柳田一の元へ向かう育人は、柳田の手伝いとして、東京コレクションへ参加することになります。

しかし、東京コレクション開演直前に、モデルの一人が到着しない事件が起きるのでした。

 

ランウェイで笑って 第2話 内容ネタバレ

雇用が取り消しとなる育人。

育人はミルネージュの社長から、デザイナーとして働かないかと提案されます。しかし社長は、育人は高校生であることを、千雪から知らされていませんでした。

雇用の話は、なかったことにされる育人。

そして社長は、自身の見栄から、高校生の素人が作った衣装でオーディションに来たと言えなかった千雪を厳しく叱ります。

デザイナーになれなくても服作りが好きな育人

就職しても、好きなことは続けられる。

育人は学校の帰りに、幼稚園に通う妹を迎えに行きます。

そこで幼稚園の先生から、幼稚園のお遊戯会で、育人の妹がシンデレラ役を務めることになったと聞きました。

そして育人は幼稚園の先生から、お遊戯会の衣装作りを頼まれます。

先生の頼みに、心から喜ぶ育人。デザイナーになれなくても、服は作れるんだと感じるのでした。

服作りが好きな理由の一つを、千雪の言葉で思い出す

もう一度父に、育人を雇って貰うよう頼んで来ると言い出す千雪。

千雪は手芸部にやって来ると、父にもう一度、育人をミルネージュで雇ってもらうよう頼んで来ると言い出します。

断られるに決まっていると、真っ青になる育人。

しかし千雪は、ここで動かなかったら、何も変われないと返します。そして、本当はファッションデザイナーになりたいんだろうと、育人に尋ねました。

すると育人は、服を作って欲しいと言ってくれる人がいて、作った服を着てくれる人がいるだけで、幸せなんじゃないだろうかと答えます。

その言葉を聞いた千雪は、オーディションの際、育人に作って貰った衣装を返しました。

素人が作った服を着る気はないと、千雪は部室から去ろうとします。

育人はその言葉に、怒りを爆発させました。

作れと言っておきながら、いらないだなんて勝手だ。千雪の、オーディションに受かりたい気持ちに振り回されただけに、これでは自分が悪いみたいじゃないかと詰め寄ります。

千雪は動揺しながらも、反省を見せました。

確かに勝手なことをしている。でも育人に、夢を諦めてほしくないんだと語り出します。

千雪の言葉を受けた育人は、もう一度社長に会うのは怖いが、その弱さが勇気になる服を作ると言いました。

諦めきれない育人に、デザイナーを紹介する社長

育人は、社長に会うために作った服を着て、再び社長の元を訪れます。

そして育人は、こうして社長と話せているのは、千雪のおかげだと切り出しました。

服とは、着る人によって変化する。自分が作った服を雪が着てくれなかったら、誰の目にも留まらなかった。

だから千雪は、きっと凄いモデルになると、育人は社長に訴えます。

そして、ミルネージュで雇って欲しいと。

社長は、育人を雇えないのは、育人が高校生だからだと切り出します。育人は才能があると断言する社長ですが、雇うには知識と経験が足りません。

ですが、ミルネージュから独立した、柳田一というデザイナーに会ってみないかと、育人に提案します。

新進気鋭のデザイナー・柳田一

千雪に道案内をしてもらいながら、育人は柳田のアトリエに向かいます。

千雪は育人に、柳田とは、由緒あるコンテストでグランプリを取るなどの実力者だが、性格が悪いと忠告をします。

育人は柳田を訪ねますが、柳田は挨拶もなしに、指示通りに衣装を縫い付けろと言い出します。

しかし柳田は、作業を終えた育人の目の前で、育人が縫った衣装を破り捨てるのでした。

柳田は、デザイナー志望なら出来て当然のような作業を出来ない育人を問い詰めますが、そこで初めて、育人が高校生だと知ります。

下手くそは帰れと、アトリエを追い出されそうになる育人。

それでも育人は、どうしてもデザイナーになりたいと、柳田の手伝いになることを頼み込みます。

柳田の厳しい態度の理由は、翌日に参加を控えた、東京コレクションによるものでした。

東京コレクションとは、日本最大のファッションの祭典です。独立したばかりの柳田は東京コレクションを、どうしても成功させたかったのでした。

モデルが現れない緊急事態

柳田の手伝いとして、東京コレクション参加する育人。

育人は柳田の手伝いとして、東京コレクションへ参加することになりました。

この日のために、半年前から準備をしてきた柳田ですが、トラブルが発生します。

東京コレクションの開演が近付く中、モデルの一人が到着しないのでした。

代役として急遽千雪が呼ばれますが、その低身長から、衣装のサイズが合いません。デザイン専門の柳田は服を縫えず、唯一縫える作業員も、過労で倒れてしまいます。

絶体絶命の中、育人は柳田に、千雪の衣装を直させて欲しいと頼むのでした。

ランウェイで笑って 第2話 感想・評価・まとめ

第1話では千雪に引っ張られていた育人ですが、今回では彼自身が夢を追うために、勇気を持って踏み出し始めた内容になっていたと思います。

また、控え目な言動が多い育人ですが、千雪に怒ったシーンは迫力がありました。

新キャラである柳田は意地の悪さが目立ちますが、彼も自分の夢のために懸命なのだと思うと、憎めないキャラクターに見えてきます。

果たして、東京コレクションは成功するのか。ハラハラしますが楽しみです。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする