【ランウェイで笑って】第1話 感想・ネタバレ・評価 千雪はパリコレを目指す!

ランウェイで笑って 1着目 「これは君の物語」の内容ネタバレ・感想・評価を紹介します。

パリコレモデルを目指す藤戸千雪と服作りが好きな都村育人の出会い、そして二人の夢への道のりの第一歩が描かれています。

 ※当記事はネタバレを含みます。放送未試聴の方はご注意ください。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 

ランウェイで笑って 第1話 あらすじ

ランウェイで笑って 1着目 「これは君の物語」

「パリ・コレ」を目指す藤戸千雪は、低身長というモデルにとって重大な欠点を抱えていた。周囲から「諦めろ」と言われ続けても千雪は折れない。ある日、千雪はクラスメイトの都村育人の進路調査を回収することになる。クラスメイトたちから「影が薄い」と言われている育人の意外な「将来の夢」を知った千雪は……。

ランウェイで笑って 第1話 内容ネタバレ

藤戸千雪はパリコレモデルを目指す

「ショーモデル、主にファッションショーで活躍するモデルのこと。

これは私、藤戸千雪がトップモデルに至るまでの物語、そして・・・」

モデル事務所 ミルネージュ社長の娘・藤戸千雪は小学4年生にして身長が158cmまで伸びました。

 

しかし、千雪の身長はそこから1cmも伸びることはありませんでした。

身長が全てのファッションモデルの世界で、低身長は致命的です。

千雪は社長である父親自ら事務所のクビを宣告されますが、夢をどうしても諦めきれない千雪はミルネージュの入所オーディションを受け続けます。

 

手芸部の少年・都村育人との出会い

学校で進路希望調査票の回収をしていた千雪は、手芸部の少年・都村育人と出会う。

千雪はまた、ミルネージュのオーディションに落ちてしまいます。

しかし夢を諦める気は一切なく、学校での進路表には「ハイパーモデル」と書きました。

すると、進路表の回収と提出を任された千雪の前に育人が現れ、進路表の書き直しがしたいと切り出します。

すぐに終わると言う育人に、千雪を育人を待つことにしました。

しかし夕方になっても、育人は進路表を持ってきません。

千雪が育人を捜しに行くと、彼は手芸部の部室にいました。

そして千雪の憧れのモデル、雫が出ていたパリコレのDVDを観ながら、見よう見まねで雫の衣装を作っているのです。

布を買うお金も素材もない中、何とか服を作っている育人の姿に、千雪は育人が、本当に服作りが好きなんだと気付きました。

そんな育人に千雪は、ファッションデザイナーになればいいのにと切り出します。

しかし育人は、自分にはなれないと返しました。なりたいとも思ってないとも。

それでも千雪は、育人の進路表の、「就職」という文字の下に、「東京デザイナー専門学校」という文字を消した跡があったと指摘します。

指摘を受けた育人は、千雪に、高卒でもデザイナーになれるだろうかと尋ねました。

しかし千雪の返答は、無理ではないだろうかという、厳しいものでした。

千雪が知るデザイナーは、皆が服飾系の学校を出ており、千雪の父が経営するブランドの新卒雇用条件も、専門卒か大学卒だと伝えます。そしてデザイン業界とは、厳しい業界だとも。

 

夢を諦めきれない千雪が動き出す

家庭の事情で服飾学校への進学を諦める育人の姿勢に自分を重ねた千雪。

育人には、三人の妹がいます。

しかし、育人の家庭は経済面が厳しく、育人は妹達の将来を閉ざしたくないと、就職の道を選んだのでした。

育人の選択に千雪は、自分と育人は同じなのだと気付きます。目指したいものがあっても、環境や生まれ持ったものが、立ちはだかって来るという現実が。

しかし、それが夢を諦める理由にはならないと思いかけ、千雪は気付きます。

自分も雫や父に、パリコレは無理だと言われたように、育人に対し、高卒ではデザイナーにはなれないのではと言ったことに。

無理なのは育人なのか、それとも自分自身なのか。

千雪は動揺から、部室を飛び出してしまいます。

すると担任の先生から、進路表の「ハイパーモデル」とは何だと問い詰められました。

そこで千雪は、父の事務所からパリに出て、大活躍するモデルのことだと答えます。

そして自分の夢を思い出し、ミルネージュのオーディション用の服を作って欲しいと、育人に頼むのでした。

 

育人の夢と家族の思い

家族思いの育人は病気の母を見舞い、妹には服を作ってあげます。

しかし妹に、無理に就職する必要はないんじゃないかと尋ねられます。母の代わりを全て育人がすることはないし、好きなこともあるのにと。

それでも育人は、したくて就職するんだと答えました。

就職しても好きなことは出来るし、自分が作った服で喜んでくれる人がいるなら、それでいいと笑います。

 

 

1%の可能性

千雪のために何度も何度もオーディション落選を千雪に告げると決めた雫。

千雪が何度落選してもミルネージュを出禁にならないのは、父が、千雪とは自分が諦めるまで諦めない子だから、好きにさせろと言ったからでした。

しかし、158㎝という低身長では、パリコレには出れません。叶わない夢を追い続けることほど辛いものはない、これは千雪の為なのだと、雫は千雪に、落選を告げ続けることを決めていたのでした。

そんな雫の前に、育人に作って貰った衣装を着た千雪が、オーディション会場へ現れます。

育人の才能と、千雪の、一生かけてでも夢を叶えるという強い気持ちに、雫は1%の可能性を感じ、合格を告げたのでした。

 

育人のデザイナーとしての人生が始まる

育人の作った服を着た千雪は、事務所入所前に街角スナップに撮影をされました。

その写真がSNS上で拡散され、育人の才能が世間に広まることとなります。

それを知った千雪の父が、育人が作った服のデザインを買わせて欲しいと願い出ます。

そして育人に、ミルネージュのデザイナーとして迎えたいと提案するのでした。

 

ランウェイで笑って 第1話 感想・評価・まとめ

迷いながらも、絶対に夢を諦めない千雪の清々しさと、控え目ながらも健気な育人の対比が面白かったです。

モデルとデザイナーという、一見華やかな題材のストーリーの中、千雪の熱さに胸を打たれました。

また、次回予告は、デザイナーとして歩み始めた育人にスポットが当てられるような内容でしたが、消極的な育人がどう動いてくのかが楽しみです。

「ランウェイで笑って」が無料・見放題で視聴できます!

詳しい方法はこちらから
↓   ↓   ↓

「ランウェイで笑って」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする