僕のヒーローアカデミア 4期 第4話(第67話)「抗う運命」 感想・ネタバレ・評価、見逃し配信情報、その他関連イベント情報も!

2019年10月12日(土)より毎週土曜日夕方5:30分~読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて第4クールが放送開始した「僕のヒーローアカデミア」
その第4話(1期から数えて第67話)『抗う運命』の感想及びネタバレ等をまとめていきたいと思います。

※見逃し配信情報や、基本情報、その他イベント情報は一番下にまとめます。

【ここまでのあらすじ】

サーナイトアイ(以下:サー)の事務所でインターン活動をするため、ミリオに連れられサーの事務所を訪れた出久。
「書類には自分で印鑑を押せ」と、サーは自分から印鑑を奪い取る「試験」を与える。
出久は試行錯誤を繰り返しながらも奮闘し、サーの予想外の評価ポイントに辛くも合格を貰う。
見事サーの下でインターンができることになった出久は、ミリオとのパトロール中、『壊理』という少女と遭遇する。
そこで壊理に声をかけてきたのは、ナイトアイがマークする死穢八斎會の若頭『オーバーホール』だった。

 

 

第67話『抗う運命』

 

パトロールに緊張する出久。ミリオは出久の緊張をほぐそうとしてるのか、いつも通り明るく振舞う。

第67話『抗う運命』

 

 

しかし出久は、サーの言葉が気になっていた。
「やはり”ワンオアフォール”はミリオに継がせるべきだった」
それに対して出久はオールマイトから何も聞かされていなかった。
サーとオールマイト、二人の間に何かあったのかと出久は考えを巡らせる。

 

お互いヒーロー名を言ってなかった二人は、改めて自己紹介。
ミリオは「ルミリオン」――オールではなく100万の人を救いたい。
そんな願いを込めてつけたらしい。

 

そうして歩いていると、少女と運命的な出会いを果たす。

これ、転校初日によくあr 第67話『抗う運命』

 

 

少女は震えていて、そんな少女の後ろから
『オーバーホール』が現れる。
この少女との出会いが後にどう転んでいくのか、これからの主軸になっていきそうです。

 

【OPテーマ:ポラリス】

https://blueencount.jp/feature/special2019 より、限定版パッケージ

作詞・作曲/田邊駿一
編曲/BLUE ENCOUNT、玉井健二
歌/BLUE ENCOUNT
2019.11.20 RELEASE!

 

 

Aパート

ナイトアイの登場に動揺を隠せない出久。
すかさず先輩ミリオが上手くフォローします。

ミリオのフォローが光る 第67話『抗う運命』

 

フードを被せ「またフードとマスク外れちゃってるぜ。サイズ調整ミスってんじゃないのか?」
その一言で出久も自分の表情に出ていたと、対応を改めます。

ミリオはこういう面でもフォロー出来るとてもいい先輩で、好感度がどんどん上がっていきます。
ただ昨今ではこうやって好感度が上がっていくキャラは……いや、よそう、こんな話は(苦笑)

これ以上怪しまれないよう早々に去ろうとするミリオに、出久も着いて行こうとしますが、

 

第67話『抗う運命』

幼女 少女が手を離してくれません。目に涙を浮かべながら出久に訴えてくる
幼女 少女の身体には複数の包帯。出久は、「遊び盛り」にしては様子が違う
幼女 少女を守ろうと画策します。勘ぐりながらオーバーホールと話す出久に
幼女 少女は掴む手に一層力を込めます。「行かないで」そう言われ益々その
少女 幼女が心配なり、出久は抱きしめます。

何を隠そう、二人の上司サーナイトアイはこの「オーバーホール」を調べていて、パトロールの際「くれぐれも向こうに気取られぬよう」と釘を刺されている。
ミリオは出久の詮索を止めるよう心の中で出久に呼びかけます。
しかし「ヒーローが怯えてる子供を黙って見過ごす訳が無い」と、無難にやり過ごす方が不自然だと思った出久は、
「この子に何してるんですか?」と直球に問いかける。

その問いに、オーバーホールは思っていたよりも明るく、「恥ずかしい話です」と裏路地に二人を誘う。
そして、その幼女「壊理―えり―」の子育てが大変な話をしつつ、自分の手袋に手をかけながら壊理を睨み付けると、その殺意を帯びた狂気に壊理は出久から離れオーバーホールの元へ走っていく。

深追いは止め、ミリオはサーに報告の電話をすることに。

死穢八斎會(しえはっさいかい) の家を張り込んでいたサーとバブルガール。そこにミリオから電話がありました。


ここでいつも通り、その日初登場のキャラクターの下に「名前と個性」が出るのですが、サーの”個性・予知”と出た所で少し疑問に思ったのは、ミリオと出久がオーバーホールと接触するのをサーの予知で予見出来なかったのでしょうか?

と思っていたら、次のシーンで「私の失態だ」と反省してました。
しかもミリオも「まさかあんな、高校生と四つ角でバッタリ」みたいな事故だと思っていたみたいで(笑)

先日起きた事故でオーバーホールの”個性”について憶測で話されますが、まだあまり解明してないのでここでは触れません。
今仮に、「リウマチ」や「虫歯」などが治る”個性”と言っても、何のこっちゃですし(笑)

「壊理」という幼女が居た事をサー達に報告。
保護して助けたかったと出久が悔やんでいると、「志だけで助けられるほど世の中甘くない」とサーが諭します。
「真に賢しいヴィランは闇に潜む」これはオールマイトも言ってましたね。
死穢八斎會が何を企んでいるのかを探り、他事務所との協力も要請していおり、時間をかけて万全の体制で動かなければ助けられない。
そんな話をされ、出久のインターン初日は終わりました。

第67話『抗う運命』

一方、 死穢八斎會に戻ったオーバーホールは、壊理を監視していて「目を離した隙に」と言い訳する仲間を瞬殺。
「英雄症候群」と最近の若者は病んでると、(仲間を触ったことで)蕁麻疹を出しながら怒っています。
そんなオーバーホールの下に、死柄木から「この前の返事を聞かせてやる」と電話があります。

Bパート

雄英高校1年A組の教室では、仮免講習がスパルタでボロボロになった爆豪と轟。
お茶子と梅雨ちゃん、切島がインターンで公欠。

先日のインターンの件でモヤモヤが続き、授業に集中できなかった出久は職員室へ。しかし会いに来た目的のオールマイトは、ジョギング中。
どうやら家庭訪問が終わってから鍛え始めた模様。
これは恐らく、出久のお母さんに「生きて、守り、育てて」と言われた事が影響していると思います。

そんなジョギングしているオールマイトの下に、

「緑谷少年が、来た!!」

第67話『抗う運命』

ワンオアフォールの後継者にミリオが候補に挙がっていたこと、それをサーが知っていたことなぜ言ってくれなかったのか、オールマイトが教えてくれなかったのか。
「後継者として全部知りたい」と出久は言います。

「本当に聞きたいのか? 後悔するなよ」と、オールマイトは過去を語り始めます。

ナイトアイがオールマイトのサイドキックになる所の話や、コンビ解消、後継者の話や引退の話が明かされます。

第67話『抗う運命』

 

・・・なんでしょう、小さい人ばっか(笑)いや、人というか動物も混じってますが(笑)
一瞬、さも、サーが従えてる2人と1匹のような図に見えて、マジメな話なのに笑ってしまいました(笑)

個性”予知”によって見たオールマイトの未来。それを巡ってサーとの決別。
「オールマイトのため」のサーと「国民のため」のオールマイト。
そしてその先にある、

”オールマイトの死”

出久には言えなかったのです。何せ出久も、サーナイトアイ同様、
「オールマイトのファン」ですからね。

その衝撃的な発言を本人、オールマイトから直接告げられ、出久もショックを隠しきれません。

これまで外れた事のないサーの”予知”。その予知では6年~7年後――つまり、

 

今年か来年、オールマイトは死ぬ。

 という事です。

 

 

しかしオールマイトは、その事実を割とすんなり受け入れたようです。

 

 

なぜって?

 

 

キミが居たからさ。

第67話『抗う運命』

 

 

オールマイトにとって、出久との出会いが、出久が成長していく様が、希望になっていたんですね・・・
出久がこれまで、様々な事に立ち向かったり抗ったり変えていったように、オールマイトも今更ながら「死」という未来に抗っていくと、決めていたようです。

とても良いシーンでした。

水を差して申し訳ないけどそれでジョギングってオールマイトさん・・・
第67話『抗う運命』

そして最後、死柄木が 死穢八斎會に訪れた1シーンがありましたが、それは
次回第68話「ガッツだレッツラレッドライオット」へ続く・・・でしょう、きっと。

【EDテーマ: 航海の唄 】

https://www.amazon.co.jp/

作詞・作曲・歌/さユり
編曲/江口亮

その他情報まとめ

原作者の堀越耕平先生が、
「原作の最終決戦でやりたかった」と語る、超胸アツ展開の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』
2019年12/20(金)全国ロードショーに先駆け、各地では様々な期間限定でコラボイベントが開催されています。

ぷちアニ情報局ではその情報を少しまとめてあります。

【僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング】 公開情報→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/10/post-432/

【京都、映画村 ヒロアカ祭り 情報まとめ】
https://alltime-rising.xyz/2019/10/10/post-436/

【ヒロアカ サンシャイン60展望台にてオープンスクール 情報まとめ】→https://alltime-rising.xyz/2019/10/19/post-580/

【僕のヒーローアカデミア 東京メトロ スタンプラリー開催】画像つきで詳しくオススメの順路→https://alltime-rising.xyz/2019/10/16/post-561/

【ヒロアカ 東京ドームシティ アトラクションズ 僕のヒーローアトラクションズ ULTRA MISSION!】→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/23/post-657/

【ヒロアカ 東京ドームシティ アトラクションズ 僕のヒーローアトラクションズ ULTRA MISSION!】→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/23/post-657/

【ヒロアカ×東京タワー&東京プリンスホテル コラボイベント 12月7日(土)から!関連イベントまとめ】→https://alltime-rising.xyz/2019/10/25/post-693/

【キャスト】
緑谷出久:山下大輝
通形ミリオ:新垣樽助
サー・ナイトアイ:三木眞一郎
バブルガール:村川梨衣
オールマイト:三宅健太
死柄木弔:内山昂輝
オーバーホール:津田健次郎
壊理:小林星蘭

爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
切島鋭児郎:増田俊樹
蛙吹梅雨:悠木碧
八百万百:井上麻里奈

青山 優雅:桑野晃輔
芦戸 三奈:喜多村英梨
尾白 猿夫:三好晃祐
上鳴 電気:畠中祐
口田 甲司:永塚拓馬
砂藤 力道:奈良徹
障子 目蔵:西田雅一
耳郎 響香:真堂圭
瀬呂 範太:古島清孝
常闇 踏陰:細谷佳正
葉隠 透:名塚佳織
峰田 実:広橋涼

相澤消太:諏訪部順一

天喰環:上村祐翔
波動ねじれ:安野希世乃

グラントリノ:緒方賢一

【スタッフ】
第4期
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
総監督:長崎健司
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦、小田嶋瞳(補佐)
美術監督 :丸山由紀子、池田繁美
美術設定:大久保修一、友野加世子、乗未美穂、池田繁美
色彩設計:菊地和子
撮影監督 :池上真崇、澤貴史
CGIディレクター:安東容太
編集:坂本久美子
音楽:林ゆうき
音響監督:三間雅文
音響効果:倉橋静男
劇中音楽プロデューサー:小林健樹
音楽制作:東宝
エグゼクティブプロデューサー:遠藤哲哉、金庭こず恵、山中一孝、
松本拓也、遠藤哲也、稗田晋、高橋亜希人
プロデューサー:岡村和佳菜、三條場一正、大藪芳広、嵯峨隼人、永井幸治
アニメーション制作:ボンズ
製作:僕のヒーローアカデミア製作委員会

OPテーマ:
「ポラリス」
作詞・作曲/田邊駿一
編曲/BLUE ENCOUNT、玉井健二
歌/BLUE ENCOUNT

EDテーマ:
「航海の唄」
作詞・作曲・歌/さユり
編曲/江口亮

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする