僕のヒーローアカデミア 4期 第2話(第65話)「オーバーホール」 感想・ネタバレ・評価、見逃し配信情報・その他イベント情報も!

2019年10月12日(土)より毎週土曜日夕方5:30分~読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて第4クールが放送開始した「僕のヒーローアカデミア」の第2話(1期から数えて第65話)『オーバーホール』の感想及びネタバレ等をまとめていきたいと思います。

前話第64話『スクープ雄英1年A組』の感想・ネタバレはコチラ→ https://alltime-rising.xyz/2019/11/05/post-932/

 

見逃し配信情報や基本情報、その他イベント情報は最後にまとめます。

 

【前回までのあらすじ】

・・・は、前回第1期~第3期までざっくり振り返っているのと、第64話「スクープ1年A組」はアニメ完全オリジナルストーリーで話が進んでいないので、ここで特筆することはありません(苦笑)

気になる方はコチラです→ https://alltime-rising.xyz/2019/11/05/post-932/

また、配信サイトHuluでは全63話+第4期最新話が視聴出来ます→https://www.hulu.jp/

 

 

第65話 「オーバーホール」

「オーバーホール? 誰だキミは?」と言わんばかりのグラントリノ
第65話 「オーバーホール」

出久は、夏前(単行本6巻~7巻・アニメ第2期13話~)に、職場体験として赴いたオールマイトの師「グラントリノ」と電話で、【ヒーローインターン】(プロヒーローの下、職場体験の発展型で期間も長く設定されている)という郊外活動をしたいと相談しました。
しかし、別件で動けないグラントリノは、オールマイトの元相棒、「サーナイトアイ」を提言。

【OPテーマ:ポラリス】

https://blueencount.jp/feature/special2019 より、限定版パッケージ

作詞・作曲/田邊駿一
編曲/BLUE ENCOUNT、玉井健二
歌/BLUE ENCOUNT
2019.11.20 RELEASE!

 

 

Aパート

 

タイトルの「オーバーホール」とは、指定敵<ヴィラン>予備団体・死穢八斎會(しえはっさいかい)の若頭。通称名が「オーバーホール」。

第65話 「オーバーホール」


と、これまで幾度となく登場している死柄木弔率いる敵<ヴィラン>連合が接触するところからAパートは始まります。

第65話 「オーバーホール」

実はあの「オールフォーワン」が「大物」として、オーバーホールの写真を死柄木に見せていたらしく、顔を見ただけで驚きます。

ちなみにこの世界で「極道」は天然記念物扱いらしいです(笑)

これは敵勢力が大幅に強くなる?! かと思いきや、双方は意見が真っ向から分かれていて、開始から一触即発の険悪ムード・・・

「計画遂行に必要な資金をお偉いさんに出資して貰う為に知名度の高いヴィラン連合を傘下に入れたい”オーバーホール”」

 VS

「強い仲間を集め勢力を拡大したい、誰の下につく気も無い、死柄木弔率いる”ヴィラン連合”」

の図になり、戦闘開始。

3期から割と好きなマグネさん  第65話 「オーバーホール」

3期から割と好きなマグネさんがオーバーホ-ルに向かっていき、
無残にも散りました(笑)

「マグネぇぇぇーーー!!!!」

って叫びました(笑)(ちなみにその時の画像を貼ろうかと思いましたが、少しグロ画像になるため自重します)

マグネさん、第3期でイイ味出してたのに・・・。
一瞬だけ過去回想みたいなのが入りましたがそれが死亡フラグとは・・・残念。

そんなマグネの弔い合戦! と言わんばかりに、ヴィラン連合の二人目が襲い掛かりますが、「個性が発動出来ない!」と左腕を持っていかれます。

以前爆豪を捕まえた人が左腕を持っていかれる 第65話 「オーバーホール」

左腕を持っていかれた彼の背後から、死柄木弔が攻撃を仕掛けます。
”(恐らく)個性が使えなくなる針(みたいなもの)”は死柄木に当たらず、咄嗟に誰かがオーバーホールを死柄木から庇います。

速攻でやられたこの人の正体が気になる 第65話 「オーバーホール」

 

オーバーホールも一人で不利かと思いきや、隠れていた仲間が現れ、

    

”ヴィラン連合” VS ”死穢八斎會”

死穢八斎會はみんなクチバシみたいなのを着けてる   第65話 「オーバーホール」

戦闘開始! かと思われた局面ですが、双方痛み分けで今回の接触は終了。
「冷静になったら連絡をくれ」と、死柄木に名刺を投げつけ、 死穢八斎會は去って行きます。

 
今回「死穢八斎會」は”個性を発動出来なくさせる(ようなもの)”と”簡単に人を破裂させる(ような)個性”を持っている事が明らかになりました。
他数名の個性は不明ですが、この二つだけでも相当強力ですね・・・。
後者の”簡単に人を破裂させる”は恐らくオーバーホールの個性でしょうが、その詳細は今の所不明ですし、そもそも前者の”個性を発動出来なくさせる”のが、”個性”なのかどうかも分かりません。持っていた”銃”が鍵を握りそうですが、未知数・・・。余計に恐ろしく思えます。

  

            

ちなみにオーバーホールは、超がつくほどの「潔癖症」でした(笑)

返り血を拭う潔癖症の「オーバーホール」 第65話

 

    

     

    

Bパート

雄英高校では昨日職員会議が行われ、多くの先生が「1年のヒーローインターンは止めとけ」という判断が下される。
しかし現状のままでは強いヒーローが育たないとし、「インターン受け入れの実績が多い事務所に限り、1年の(インターン)実施を許可する」という方針になりました。

「やめとけ」と言う相澤先生のこのやつれ具合をやめたげてw 第65話 「オーバーホール」

ヒーローインターンの説明会等をこれまでしていたのにも関わらず、「やめとけ」と言われ拍子抜けする生徒達(若干一名、ざまぁwって笑ってましたが)

まぁ、 「インターン受け入れの実績が多い事務所に限り、1年の(インターン)実施を許可する」ということなので、出来なくはない。
ただ、「インターン受け入れの実績が多い事務所」=「大きい事務所」=「所属してるヒーローが有名で、そこでインターン出来るのは将来有望」、でしょうから、まだ1年生の彼らが行ける事務所は限定されることでしょう。

               

そんなクラスの状況はお構いなし(?)の出久は、グラントリノからオールマイトの元相棒、「サーナイトアイ」を提言され、直接オールマイトに交渉に行きます。

「お願いします!」 第65話 「オーバーホール」
「断リマス」 第65話 「オーバーホール」

    即答(笑)


「私もインターンには反対」「訳あって彼とは気まずい」と一蹴されます。
それでも喰い下がる出久に、「それでも紹介は出来ない、”私からは”」
と、オールマイトは一人の生徒を呼び出す。

    

  

オールマイトは、雄英高校3年の「通形ミリオ」を呼び出し、出久と三人で話し合うことに。
「通形ミリオ」は当初、『オールマイトの後継者最有力候補』として雄英高校の根津校長から推薦された人物で、現在は「サーナイトアイ」の事務所でインターンをしている。

先輩に肩を抱かれて緊張する出久 第65話 「オーバーホール」

そんなミリオにオールマイトは、「緑谷少年はナイトアイの事務所で働けると思うか」と質問します。
それを「自分からナイトアイに紹介してやれ、と」、”出久の斡旋”をミリオは解釈。
ミリオは出久に「キミはどういうヒーローになりたい?」と質問を投げかける。

最初は”どんなに困ってる人でも笑顔で――”と言いかけて、言葉に詰まります。


【これまで自分の中にあった初心の想い】と、【実際に経験してきた今だからこそ感じる理想と現実】を再認識。

  

「誰にも心配させることのないくらい、必ず勝って、必ず助ける。”最高のヒーロー” です!」

こうして精神的に成長していく 第65話 「オーバーホール」

   

  

その意思と、出久がこれまでの戦いで受けてきた傷を見たミリオは、「めちゃくちゃな目標だね・・・」と一言で受け止めた後、笑顔で承諾。

 

 

ちなみに、ここまでの流れを分かりやすくざっくり説明すると、「サーナイトアイと通形ミリオはいわゆる”師弟関係”みたいなもの」で、「インターン先の事務所のヒーローに弟子入りする」みたいなものです。
厳密には違いますが、「ヒーロー事務所に預かり所属みたいな形になって、そのヒーローに着いて実践(現場)で学んでいく」というイメージで現状は差し支えないかと思います。
(※あくまでも個人的見解です)

   

   

   

週末。
仮免に落ちた爆豪と轟の二人は仮免の講習に。

実は仲が良い? 第65話 「オーバーホール」

 

 

出久とミリオはサーナイトの事務所へ。

サーナイトアイの厳しさを改めて教えるミリオは、「サーと会って話し終えるまでに、必ず一回、サーを笑わせるんだ」とアドバイスを送る。
そういった「ユーモア」に全く無縁の出久は余計に緊張。
ミリオに案内されつつも、その優しさや人の良さをミリオから感じ、出久は少し落ち着きます。

そんな出久がいざ事務所に足を踏み入れると・・・

こんな機械があるサーナイトアイの事務所 第65話 「オーバーホール」

  

なんてプレイ中(笑)

ユーモアが足りなかったサイドキック「バブルガール」にお灸、ならぬ、くすぐりの刑・・・
サーナイトアイ、強面なのにやることはかわいい(笑)

そんな光景を目の当たりにしつつも、 「笑わせなきゃ」と意気込む出久は

「緑谷出久です!」

自力で画風を変えられるこれこそ”個性” 第65話 「オーバーホール」

  

と、画風を変えて自己紹介(笑)

それに対しサーナイトアイは、「オールマイトを馬鹿にしているのか?」
とご立腹。
「すべったー」 というミリオの一言で本編は終わりました(笑)
この一言で終わるアニメも中々無いよなーと笑いました(笑)

  

  

【EDテーマ】

https://www.amazon.co.jp/

「航海の唄」
作詞・作曲・歌/さユり
編曲/江口亮

という感じで、 第65話『オーバーホール』 、前半は ”ヴィラン連合” VS ”死穢八斎會” 、後半は、サーナイトアイの事務所にインターンに行くお話でした!
次回は「テスト」という事で、サーナイトアイに出久の実力を試されそう・・・
そもそもサーナイトアイの”個性”って?!

という感じで以上、第65話『オーバーホール』の感想及びあらすじでした。

次回第66話『ボーイミーツ…』へ続く。

 

 

その他情報まとめ

原作者の堀越耕平先生が、
「原作の最終決戦でやりたかった」と語る、超胸アツ展開の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』
2019年12/20(金)全国ロードショーに先駆け、各地では様々な期間限定でコラボイベントが開催されています。

ぷちアニ情報局ではその情報を少しまとめてあります。

 

 

【僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング】 公開情報→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/10/post-432/

  

 

【京都、映画村 ヒロアカ祭り 情報まとめ】
https://alltime-rising.xyz/2019/10/10/post-436/

  

【ヒロアカ サンシャイン60展望台にてオープンスクール 情報まとめ】→https://alltime-rising.xyz/2019/10/19/post-580/

  

  

【僕のヒーローアカデミア 東京メトロ スタンプラリー開催】画像つきで詳しくオススメの順路→https://alltime-rising.xyz/2019/10/16/post-561/

  

  

【ヒロアカ 東京ドームシティ アトラクションズ 僕のヒーローアトラクションズ ULTRA MISSION!】→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/23/post-657/

  

  

【ヒロアカ 東京ドームシティ アトラクションズ 僕のヒーローアトラクションズ ULTRA MISSION!】→ https://alltime-rising.xyz/2019/10/23/post-657/

  

  

【ヒロアカ×東京タワー&東京プリンスホテル コラボイベント 12月7日(土)から!関連イベントまとめ】→https://alltime-rising.xyz/2019/10/25/post-693/

  

  

【キャスト】
緑谷出久:山下大輝
通形ミリオ:新垣樽助
サー・ナイトアイ:三木眞一郎
バブルガール:村川梨衣
オールマイト:三宅健太
死柄木弔:内山昂輝
オーバーホール:津田健次郎
壊理:小林星蘭

爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
切島鋭児郎:増田俊樹
蛙吹梅雨:悠木碧
八百万百:井上麻里奈

青山 優雅:桑野晃輔
芦戸 三奈:喜多村英梨
尾白 猿夫:三好晃祐
上鳴 電気:畠中祐
口田 甲司:永塚拓馬
砂藤 力道:奈良徹
障子 目蔵:西田雅一
耳郎 響香:真堂圭
瀬呂 範太:古島清孝
常闇 踏陰:細谷佳正
葉隠 透:名塚佳織
峰田 実:広橋涼

相澤消太:諏訪部順一

天喰環:上村祐翔
波動ねじれ:安野希世乃

グラントリノ:緒方賢一

【スタッフ】
第4期
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
総監督:長崎健司
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦、小田嶋瞳(補佐)
美術監督 :丸山由紀子、池田繁美
美術設定:大久保修一、友野加世子、乗未美穂、池田繁美
色彩設計:菊地和子
撮影監督 :池上真崇、澤貴史
CGIディレクター:安東容太
編集:坂本久美子
音楽:林ゆうき
音響監督:三間雅文
音響効果:倉橋静男
劇中音楽プロデューサー:小林健樹
音楽制作:東宝
エグゼクティブプロデューサー:遠藤哲哉、金庭こず恵、山中一孝、
松本拓也、遠藤哲也、稗田晋、高橋亜希人
プロデューサー:岡村和佳菜、三條場一正、大藪芳広、嵯峨隼人、永井幸治
アニメーション制作:ボンズ
製作:僕のヒーローアカデミア製作委員会

OPテーマ:
「ポラリス」
作詞・作曲/田邊駿一
編曲/BLUE ENCOUNT、玉井健二
歌/BLUE ENCOUNT

EDテーマ:
「航海の唄」
作詞・作曲・歌/さユり
編曲/江口亮

(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする