【難問続出】テニプ入学試験に手塚・不二担当声優も労うガチ試験

ジャンプSQにて連載中・人気漫画『テニスの王子様』のファンの知識を確かめるテスト『テニプリ入学試験』が11月4日(月)に開催されました。

場所は明治大学中野キャンパスという時点で、既に本格的な試験を予感させます。

この『テニプリ入学試験』は、約7000人参加のWEB1次試験を突破した、生粋の『テニプリ』ファン402名のみが参加を許され、さながら大学入試のような緊張感の中で試験が実施されたとのこと。

テニプリ入学試験 概要

【1次試験】
開催日:9月21日(土)~9月29日(日)
参加方法:公式サイトにてWEB開催
参加資格:誰でも参加可能

【本試験】
開催日:11月4日(月・祝)
会場:東京都内某所(後に明治大学中野キャンパス実施と判明)
参加資格:1次試験通過者
タイムテーブル:
 13:00~ 受付開始
 14:00~ 試験開始
 15:10頃 試験終了
  休憩30分
 15:40頃 スペシャルゲストによる講演会
 17:00  イベント終了

本試験は難題ばかり!1次試験とはレベルが違いすぎた!!と悲鳴が続出

1次試験は誰でも参加できたとのことですが、参加した7000人中402名しか通過しなかったということで、これは相当な難関だということがわかりますのね!なんせ合格率にすると約6%ですからね…。1次試験で約6%って、国家資格最難関と呼ばれる司法試験(予備試験含む)なみじゃないですか…。

ちなみにWEBで公開されている模擬試験では「青学の大石と菊丸のダブルス・黄金が得意とするのは?」「四天宝寺元部長・原 哲也。好みのタイプは?」など、なんだか記者でも答えられそうな問題が並んでいますが、本試験となると

「全国大会決勝戦。シングルス2の不二周助vs仁王雅治の最終スコアと勝者を書きなさい。(完全解答)」「この中でWilson以外のラケットを愛用している選手を一人選びなさい」など、圧倒的な難問が続出した模様です。

本試験の出題範囲は週刊少年ジャンプで連載していた『テニスの王子様』から現在ジャンプSQで連載中の『新テニスの王子様』だけでなく、ファンブックやキャラクターガイドブックなどのマニアックな書籍も含まれ、リスニングもあわせて幅広い問題が全50問出題(記述、選択式の共通問題40問、9校の学校別選択問題10問)。…っていうかリスニングってなんだ!?(笑)

試験終了後には、アニメ『テニスの王子様』で声優を務めた置鮎龍太郎さん(手塚国光役)と甲斐田ゆきさん(不二周助役)がスペシャルゲストとして登場。青学ジャージを着ての登場というサービスをしつつも、件の難題たちを解説することに。なんだか大学受験後の予備校みたいですね。

甲斐田ゆきさんは「すごいですよ、精鋭の皆さま…」と1次試験を突破したファンたちを労いながらも「(このイベントは)ネタイベントだと思っていた」と冗談を交え、場を和ませます。また、置鮎龍太郎さんは難題の数々に「覚えているはずないよね」「知るか!」とツッコミ。実際にキャラクターを演じた声優さんたちですらわからない問題に挑戦して解答したファンの皆さんの熱量、本当にすごいです。

なお、本試験合格者にはジャンプSQ編集部認定の写真入り公式学生証が発行されるとのことです!しかも学校は合格者で選べるサービスっぷり。これは嬉しいですね!!ちなみに公式サイトのイメージ図は青春学園中等部の学生証。…えっ、この難問中学入試だったの!?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする