この音とまれ! 2期 第4話#17「再会」 感想・ネタバレ・評価・見逃し配信情報も

2019年10月5日(土)より毎週土曜25時~TOKYOMX1/BS11/FOD ほか、
にて第2期が放映開始となった、TVアニメ「この音とまれ!」
2019年4月~6月に第1クール、同年10月~12月に第2クール放映されています。
#17「再会」の感想及びネタバレ等をまとめていきたいと思います。

※見逃し情報や基本情報は一番下にまとめてあります。

【前回までのあらすじ】

時瀬祭(文化祭)に向けて練習する箏曲部だったが、さとわと愛がギクシャク、姫呂が武蔵に対し乙女モードで、身が入らない演奏になってしまい、滝浪に練習を切り上げられる。
「こういう気持ちは早く消さなきゃ」とさとわと姫呂は気を引き締めますが、そう上手くはいかず、そのまま時間は経って文化祭へ。
箏曲部の元部長”真白先輩”が現れ姫呂は嫉妬するが、「今の武蔵が在るのはこの人のおかげ」と思い直し奮起。また、箏曲部のOBが演奏を聴きに来てる事で部の士気は上がり、体育館での演奏は成功に終わる。
演奏後、真白先輩と現部員達初対面で盛り上がる中、姫呂は気を利かせて武蔵と真白先輩を二人っきりにさせる。
それを見ていた滝浪先生に勘付かれたと思った姫呂は、「ちゃんとこういう気持ち失くすから!」と宣言。しかし「どうせならそれ(恋心)、パワーにしてみせろ」と姫呂の恋心を後押しする形となる。
愛とさとわも二人になったタイミングで何となく和解した。
そして今の二年生が全国大会に行くチャンスが今年で最後だという事を、一年生が認識したところで終了。

より前回までのあらすじを知りたい方はコチラにまとめてあります
#16「二人の時間」→https://alltime-rising.xyz/2019/10/27/post-741/

 

#17「再会」 あらすじ&感想

さとわの夢。
幸せだった幼い頃。父親の死後、母親と溝が深くなっていき、その時間を取り戻そうにも自分にはどうしようもなくて、箏しかなくて、だから箏に”全て”を懸けてた演奏したが、結果、鳳月会を破門。
そんな夢を久し振りに見てしまったのは、”今年全国大会を決めなければ今の二年生は全国大会に行けないまま終わってしまう”という事実を知らされたから。
いずれ必ず来る箏曲部の終わりは、さとわにとって「居たいと思える空間が無くなる」ということ。
そんな事は今は考えず、全国大会に向けて頑張ると決意を新たにする。

 

OPテーマ、蒼井翔太さんの「Harmony」

https://www.amazon.co.jp/Harmony【通常盤】-蒼井翔太/dp/B07VPHBNC5 より

Aパート

前回、滝浪先生に言われたことで、「好きになってもいいんだ」と認識した姫呂。そんな姫呂と武蔵との廊下での1シーン。
「好きになっていい代わりに、部活に影響ないようにする・悟られないようにする・引退まで気持ちは伝えない」
と決めておきながら、「真白先輩のこと好きなの?!」と顔真っ赤になりながら聞く姫呂。
気になっていた事とはいえ、あまりにも直球過ぎる(笑)
「恋愛感情とかじゃなく憧れ」と返す武蔵に、満面の笑みで「そっかぁ!」は、気付かれてもおかしくないよ、姫呂。というか気付いてもおかしくないよ、武蔵(笑)
本当に見ていて微笑ましいです、この二人。

 

部室に集まった一同の元に滝浪先生がやって来ます。
全国で演奏する曲が先生の中で決まった事を伝えに来たのですが、それは以前、「さとわが規定の曲ではなくオリジナル曲を演奏して台無しにした演奏会」で引いた、そのオリジナル曲。
(ちなみに姫坂女学院の凰かずさが、さとわに惚れたのもこの演奏会です)
その曲で母親に笑顔になって欲しかったが届かなかった事を、さとわは今でも気にしており、「この曲は全国に行ける曲ではない」と否定。


一同は、先日苦い思いをした「邦学祭」のDVDが届いたので、神奈川で最優秀だった狛音高校の演奏と、時瀬校の演奏を聴き、自分達の反省と武器を再確認。
それを知った上で、この狛音高校より上をいく演奏をしなくてはならない。
それらを踏まえ、滝浪先生はさとわの曲を推すが、 「後は自分達で決めろ」と部屋を後にします。

昼休み。悩んでいるさとわの隣に愛がやってきます。
「滝浪の音源(DVDから音だけ抜いたやつ)もらってきた」と、その場で音楽プレイヤーのイヤホンをさとわに渡し、「自分でまだ聞いてねぇんだろ」と再生。
初めて客観的にその曲を聴いたさとわは、「痛みや苦しみをぶつけただけの音が私の”全て”?」「こんな演奏では母親に届くはず無い」と気付き、決意の表情で滝浪先生の元へ。

Bパート

 

その曲をたった一日で楽譜に起こしてしまう滝浪先生。顧問として優秀。しかも「徹夜で?」と言われて「お前らのために睡眠時間削ってたまるか」とツンツンしますが、その後空いた時間ソファで寝ている姿を誰にも見せません。素敵すぎます。

起こされた楽譜をさとわが早速弾いてみますが、弾き方とアレンジだけでかなり印象が変わり、魅了される部員達。
「まだ上手くなるのか」と愛は焦り、ちゃんとさとわをライバル視してます。
ちなみにその愛は十七弦。初めて弾く十七弦にテンションが上がる愛。
しかし今回の曲は十七弦が二つ。サネヤスと愛になりました。

練習後、「予定あるので」と部室を後にしたさとわは、家元「鳳月会」に足を運びます。
入り口には、椿会(鳳月会の下部組織)の”堂島 晶(どうじま あきら)”と、そのお婆様。 跡取りが居なくなった鳳月会を狙っているため、かなり腹黒く、目もかなり怖いです。 晶なんて特に、笑顔だけど目が笑ってない。いわゆるレイプ目に近い印象を受けました(苦笑)。


そんな二人とさとわは中に入り、さとわの母親が久し振りの再会。
高校の箏曲部でまだ箏を続けている事を始めて母に明かしたのか、驚いた表情も見せてました。
「十七弦を貸してほしい」と頭を下げますが、当然突っぱねられます。
しかし、”先輩達は今年が全国に行くラストチャンス”という滝浪の言葉を思い出し、さとわは母親に土下座してお願いします。
「勝手に持って行きなさい。その代わりもう二度と来ないでちょうだい」と釘を刺されますが、それでも母親の事は諦めない、自分の音が届くまで、と。さとわは芯が強い。 その強さも、きっと時瀬校の箏曲部に入ったからこそ得られたのではないかと個人的には思います。

そして、この鳳月会の4人のやり取りは終始、全員の目が怖いまま繰り広げられてます(笑) さとわと母親も心中穏やかじゃないですし、鳳月会の跡取りを狙う椿会の二人も腹黒さ全開です。
今後、この”堂島 晶(どうじま あきら)”が重要になってくるので、要チェックな1シーンです。

無事、十七弦を手に入れ部室に持ってきたさとわは、「別に普通」とツンツンしますが、破門され追い出された家に頼み込んで楽器を借りてくる事がどれだけ大変な事か、姫呂はちゃんと感じ取ってくれてます。

以上、#17「再会」の感想・あらすじでした。

#18 「それぞれの決意」へ続く

 

まとめ・評価

今回、第2クール始まって以来初!「誰も泣かなかった回」でした(笑)
#14「一歩前へ」では邦学祭の結果に部員全員泣き、
#15「きづき」では、愛にちゃんと部長と認められていた (まだ剥いてない)たまねぎが目に染みた武蔵が泣き、 他校の生徒(姫呂の旧友)にボロクソ言われる姫呂を武蔵が庇い、泣かせました。さとわは(事故で)デコチュー(未遂?)を愛にされ突然の涙。
#16「二人の時間」では、「どうせならそれ(恋心)パワーにしてみせろ」と滝浪先生に後押しされた姫呂が涙しています。

滝浪先生の「お前ら青春してんなぁ」ってセリフが毎話聞こえてきそうです(笑)

#17「再会」ということで、これはさとわと母親の事がメインでしたね。それと、堂島晶とさとわもそうです。
先述した「さとわがオリジナル曲を弾いて台無しにした演奏会」に、晶も居たんですね。
姫坂女学院の凰かずさも、この演奏会に居て結果惚れてますから、この時のさとわの演奏が相当なものだった事も頷けます。
その演奏会でさとわが凄い演奏をしたからこそ晶が・・・

って事で次回、#18「それぞれの決意」
次回以降も目が離せません!

TVアニメ「この音とまれ!」の情報。

【キャスト】
久遠 愛   :内田雄馬
倉田武蔵  :榎木淳弥
鳳月さとわ :種﨑敦美
高岡哲生  :細谷佳正
足立実康  :石谷春貴
堺 通孝   :古川 慎
水原光太  :井口祐一
来栖妃呂  :松本沙羅
滝浪涼香  :浪川大輔
久遠 源  :金尾哲夫
倉田武流  :花江夏樹
 真白   :朝井彩加
久遠 衣咲 :水樹奈々
凰かずさ  :佐倉綾音
花村 史  :安済知佳
桐生桜介  :寺島惇太
宮千太朗  :保志総一朗
春日井晴  :山谷祥生
神崎 澪  :蒼井翔太
堂島 晶  :東山奈央

【スタッフ】
原作 – アミュー
監督 – 水野竜馬
シリーズ構成・脚本 – 久尾歩
キャラクターデザイン・総作画監督 – 山中純子
サブキャラクターデザイン・総作画監督 – 小林利充
ディレクションアドバイザー – 大庭秀昭
アクション作画監督 – 才木康寛
3D・プロップデザイン – 杉村友和
美術監督 – 黛昌樹
色彩設計 – 山上愛子
撮影監督 – 村野よもぎ子
編集 – 木村佳史子
音響監督 – 髙桑一
音楽 – 羽岡佳
音楽制作 – キングレコード
プロデューサー – 髙橋きさら、古賀郁美
アニメーションプロデューサー – 米沢恵美
アニメーション制作 – プラチナビジョン
製作 – この音とまれ!製作委員会

【放映情報】
TOKYO MX1  2019年10月5日(土)より毎週土曜25時~
BS11 2019年10月5日(土)より毎週土曜25時~
AT-X  2019年10月7日(月)より毎週日曜22時~
とちぎテレビ  2019年10月9日(水)より毎週水曜23時~
WOWOW  2019年10月9日(水)より毎週水曜24時~全話無料放送)
北海道テレビ 2019年10月14日(月)より毎週月曜25時20分~

視聴可能な環境下である方は、WOWOWで無料視聴が出来ます!!
登録されてない方でも視聴可能なので、見られない地域の方・見逃した方はWOWOWでチェックしてみては如何でしょうか?

また、フジテレビ公式動画配信サービス「FOD」では、1期全話見放題&2期も都度最新話が追加されていきます!

「WOWOW」、「FOD」は月額登録すると、お使いのスマホやPCで、いつでもどこでも視聴可能になるので、出張先でも楽しめます!

【WOWOWの場合】
加入月の視聴料は無しで、加入した翌月1日から月額が発生しますので、月初に加入すると最大30日無料になります!
視聴可能になるのは「WOWOWプライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」の3チャンネルもあり、ジャンルやお好み、気分に合わせて楽しめます!  あのアーティストのLIVE映像から、気になってたあの映画・名作の数々まで見放題!
これを機に、ご検討してみては如何でしょうか?

詳細はコチラ→https://www.wowow.co.jp/

【FOD」の場合】

放送中の最新作も、ドラマも、バラエティも、映画も、海外ドラマも、オリジナル作品も!野球の生配信だって見れちゃいます!!
Amazonアカウントでお支払いが可能で、今なら初回一ヶ月が無料!
詳細はコチラ→https://fod.fujitv.co.jp/

https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5856/
より


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする