【FGO 絶対魔獣戦線バビロニア】3話感想

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第3話「王と民」の感想です!前回まではしゃべるだけだった賢王ギルガメッシュの戦闘シーンが解禁!さらには第7特異点を彩る他のサーヴァントたちも続々と登場する賑やかな第3話のネタバレ・感想をお届けします!

※この記事はネタバレを含みます。未試聴の方はご注意ください!!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第3話「王と民」あらすじ

ウルクを治める賢王ギルガメッシュとの謁見を果たした藤丸と一行。
藤丸はギルガメッシュに対し、メソポタミアに恐慌を与える「三女神同盟」を倒すことと引き換えに、この特異点を引き起こしている聖杯を得たいと提示する。
しかしウルクの危機に対しカルデアの力は借りないと言い切るギルガメッシュ。
一触即発の状況――も束の間、彼らの前にいきなりウルクの都市神イシュタルが乱入し、戦闘となってしまう。

~Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 公式サイトより~

 

【FGOバビロニア】第3話 アバンOP 賢王ギルガメッシュと対決の時

「ふぅ……また余分な戦いをさせられます。マーリンは死んでください」

賢王ギルガメッシュから「力を見せろ」と戦闘を持ち掛けられた藤丸立香。マーリンから再び戦闘へ加勢するよう頼まれたアナはマーリンに極めて辛辣な言葉を投げかけながらも戦闘の準備を始めます。遂に賢王ギルガメッシュの戦闘シーンが!!という所でOPへ!

【FGOバビロニア】第3話 Aパート あれっ!?賢王、聖杯持ってるじゃん!?

Aパート開幕早々、王の背後の空間から黄金の輝きを放つ武器が次々と射出されるーーー!!出ました宝具「ゲート・オブ・バビロン」これをマシュとのコンビネーションで打ち払いながらギルガメッシュに近寄り、すかさず接近戦を繰り広げるアナ。ギルガメッシュは軽快な身のこなしでいとも簡単にアナとマシュの攻撃をかわします。

かわされてはいるものの、しかしマシュとアナの連携攻撃が凄い凄い!マシュが旋回攻撃を行った盾にアナが飛び乗って、盾を足場にジャンプ、宮殿の柱に鎖を絡ませ遠心力を利用しての攻撃を繰り出します。そこに藤丸立香の魔術により支援を受けたマシュが反対から加わり挟撃!

これを賢王ギルガメッシュはいとも簡単に防ぎ、ゲート・オブ・バビロンから取り出した杖から光線を放ち反撃しますが、反撃の気配を察するや否やすぐにアナの前にポジションを取り盾で賢王の攻撃を防いだのはマシュ!……なんて優秀なシールダーだ!

「つまらんで直して来るが良い」

2人の攻撃を一通り防ぎきった賢王ギルガメッシュは、退屈そうに戦闘を切り上げてしまいます。

「全てを成しえるがゆえに全てを知っている…」という賢王ギルガメッシュは「カルデアの目的」も見通しているとのことで、またもやゲート・オブ・バビロンから取り出したるはなんと「聖杯」!!……おいおい、3話にして第7特異点の2つの目的の1つ、達成しちゃったよ!?と思ったけど、やはり簡単には聖杯をくれないギルガメッシュ王。

「じゃあ、3女神同盟を倒すのと引き換え(に聖杯を譲ってもらう)ではどうですか?」

藤丸立香が咄嗟に放った主人公らしいセリフに……賢王ギルガメッシュ大爆笑(笑)いわく「あのアホウどもは俺を笑い殺す気だ。いや、今のはなかなかだった。後で王宮史につけておこう……王腹筋大激痛と」とのこと。えっ、そんなに?(笑)

そこに駆け付けた兵が「ご歓談中失礼します」と割り込むと「歓談などしておらぬわ!」とピシャリ……なんたる理不尽。で、肝心の報告の内容は「3女神同盟のイシュタルが王宮に迫っている」とのこと。

すかさず登場する女神イシュタルさま!

なんだかんだ優しい女神のイシュタルさま。これから戦闘をするにあたり、藤丸立香たちが巻き込まれないよう、「どいてなさい」と気遣います。そこにニタニタとギルガメッシュが「女神イシュタルともあろうものが他人の心配をするとは……」などと茶々を入れます。

「べ、別に、気遣ってなんかいないわよっ!!気遣ってるのはウルクの方で……っ、私のものじゃなくなったんだから、ウルクなんか別に気遣ってなんかいないんだけどね!!」

まさに王道!まさにテンプレ!fateヒロインのツンデレポジションは譲れない!と言わんばかりのツンデレセリフの応酬を繰り出す女神イシュタルさま。しかも今の自分の発言になんか勝手にイライラし始めて金色の光をギルガメッシュにぶっ放し始めたイシュタル。メソポタミア、こんな人ばっかりなのか?(笑)

イシュタルの攻撃からギルガメッシュ王を庇って盾で防いだマシュ。ここから、アナ・マシュがイシュタルと戦闘を開始します。が、戦闘に加わったアナに何かを感じて途端に停戦したイシュタル。「白旗を用意しときなさい」と捨て台詞を残して去っていきます。

何事もなかったかのように政務に戻る賢王ギルガメッシュ。「どーーーしても俺の役に立ちたいと言うのであれば……」と藤丸立香たちに下働きをするように持ち掛ける。王に話を聞いてもらいたい藤丸立香たちに、ギルガメッシュの補佐をしていたシドゥリが声を掛けます。「王に話を聞いてもらいたいなら、ウルクで様々な仕事を功績をあげては?」と。そしてシドゥリは藤丸立香たちに拠点となる宿舎を提供します、う~ん、シドゥリさん、デキる女!

拠点を手に入れてようやく落ち着ける場所を手に入れた藤丸立香とマシュは術式を展開して、カルデアとの通信をつなぎます。ロマニとダヴィンチちゃんにこれまでの展開を報告した藤丸立香。ダヴィンチちゃん&ロマニのインテリコンビが分析を進め、今後の方針を伝えようとした所に見慣れぬ人物たちが声をかけてきました。

「おや、なかなか面白い術式ですね」

誰だ、この露出度の高い人たちは!?となったところでAパート終了です!

【FGOバビロニア】第3話 Bパート レオニダス王、ご乱心(笑)そして勤労する主人公!

「この一杯のために生きてるね~!」

お酒かっくらって新橋のおじさま達のようなセリフを吐く花のお兄さんことマーリン。Aパートの最後に現れたのは藤丸立香たちの登場に先行して賢王ギルガメッシュが召喚を済ませていた3体のサーヴァント、レオニダス、牛若丸、弁慶でした。手に入れた拠点では、彼らを加え賑やかな酒宴が始まります。

酒豪らしい牛若丸はお酒を楽しみ、弁慶は「それくらいにしておかないと」といさめます。お酒に弱いらしいレオニダスはへべれけになり、アナは寝言でマーリンを罵倒しながらすやすや眠っています。シドゥリが振るまってくれたメソポタミアの古代食は意外にも美味しく、藤丸立香とマシュが舌鼓をならします。

そしてひとしきり宴も盛り上がった後、静かな時間。シドゥリの口からエルキドゥについて語られる藤丸立香たち。やはりエルキドゥは既に亡くなっていて、王に看取られ、埋葬されたとのこと。そして、失った友人=エルキドゥの偽物が敵に回っていることを賢王ギルガメッシュは知っている……とのことでした。

夜が明け、快晴のウルク。シドゥリから次々と仕事を依頼され、着々とこなして行く。藤丸立香たち。レンガ作りに稲刈り、羊の毛刈りに子供のお世話……すっかり勤労少年と化した藤丸立香くん。ウルクの生活にもすっかり馴染みました!

お休みの日にはマシュとデート……とか思っていたら、アナちゃんから思わぬ依頼が!仕事はウルクの地下での悪霊退治。ウルクで蔓延していた死の病、それに関係している悪霊たちをアナちゃんは退治していたのです。理由は花屋のおばあさんの周囲に亡霊たちが集まっていたため……ようするに、おばあさんを助けてあげたんですね。

アナちゃんの優しい一面が垣間見られたいいシーンでした!

【FGOバビロニア】第3話 Cパート 暗躍する禍々しい女神とエルキドゥ

「もはや北部の市は全て我が原が全て飲み込んだ……」

闇に蠢く多数の蛇。女神と言われるモノが怪しく語り続けます。そしてその女神に向かって話しかけるエルキドゥらしきモノ。

「この時代の王を殺し、聖杯を手に入れた女神がこの時代の支配者となる。それは…あなたです、母上」

女神のことを母上と呼ぶエルキドゥらしき人物…このエルキドゥはいったい何者なのか?

というところで第3話「王と民」終了です。

【FGOバビロニア】第3話 感想まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第3話「王と民」。冒頭、遂に賢王ギルガメッシュの戦闘シーンが解禁!防戦一方の相手をいなすだけとは言え、賢王姿でのゲート・オブ・バビロンの演出が見られただけでも熱くなるものがありますね!ジグラットでの賢王ギルガメッシュとのやりとりには女神イシュタルも参戦。イシュタルとギルガメッシュの会話をフルボイスで楽しめるのも原作ファン的には幸せです!

そして、宿舎を手に入れ、ようやく第7特異点での拠点を作ることができた藤丸立香ご一行。宿舎での酒宴シーンは「戦闘の合間の息抜き」という表現がぴったりの賑やかなシーンでした。っていうかレオニダスさんって酔うとこんなめんどくさい人だったんですね(笑)

あとはマシュちゃん!ここにきてアニメオリジナル衣装ですね!まぁ、腰布を纏っただけではありますが、それでも衣装パターンが増えるのは嬉しい限りです。あまり気にしなかったのですが、アニメ化すると今後もオリジナルの衣装が見られる可能性があるってことですね。また一つアニメの楽しみが増えましたね!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』 次回 第4話「密林の呼び声」

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第3話 ネット上の情報など

放送まであと少し・・・!FGO3話、絵コンテ、演出、アクション作監やらせていただきました。#バビロニア #FGO_ep7 pic.twitter.com/nNhckeybV5— 林 勇雄オルタ (@isao__hayashi) October 19, 2019

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の作品情報

-STAFF-
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー:武内崇
監督:赤井俊文
制作:CLOVER WORKS
音楽:芳賀敬太・川﨑龍
音響監督:岩浪美和

-CAST-
藤丸立香:島﨑信長
マシュ・キリエライト:高橋李依
フォウ:川澄綾子
ロマニ・アーキマン:鈴村健一
レオナルド・ダ・ヴィンチ:坂本真綾

ギルガメッシュ:関智一
エルキドゥ:小林ゆう
マーリン:櫻井孝宏
アナ:浅川悠
イシュタル:植田佳奈
シドゥリ:内山夕実
牛若丸:早見沙織
武蔵坊弁慶:稲田徹
レオニダス一世:三木眞一郎


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする