【FGO 絶対魔獣戦線バビロニア】2話感想 エルキドゥとの対決!そしてギルガメッシュと対面!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第2話「城塞都市ウルク」の感想です!

ついにOP映像が登場しましたね!!そして今回も第1話同様に激しい戦闘シーンの連続!手に汗に散る第2話のネタバレ・感想をお届けします!

※この記事はネタバレを含みます。未試聴の方はご注意ください!!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第2話「城塞都市ウルク」あらすじ

案内を申し出た青年・エルキドゥによる誘導のもと、ウルクを目指す藤丸たち。しかし深い森の中、目的の方角とは異なる道を行くエルキドゥに、マシュは不穏な空気を感じとる。
そんな一行の前に、突如浮世離れした男と少女の二人組が現れる。そして男の一言により、エルキドゥの隠された秘密が明らかになるのだった……。

~Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 公式サイトより~

 

【FGOバビロニア】第2話 アバンOP 絶え間ない魔獣たちの襲撃を防ぐ絶対魔獣戦線

おびただしい数の魔獣と、それを撃退している絶対魔獣戦線にあっけにとられる藤丸立香とマシュ。エルキドゥによれば絶対魔獣戦線はサーヴァントの力でようやく撃破できた魔獣を、それも大群の魔獣を「半年も持ち堪えている」とのこと。藤丸立香が言うように「きっと…、素晴らしい将がいるんだろうね」……冒頭から適切なフラグを建てる一級フラグ建築士・藤丸立香くん(笑)

「全く、無駄な血を流す物です」

ウルクに向かう道中、城塞都市を守るために築かれた絶対魔獣戦線を眺めるエルキドゥがぽつりと漏らします。

アレッ?なんだか第1話と様子が違うぞ!?

【FGOバビロニア】第2話 Aパート 正体を現したエルキドゥ!

森を歩く一行。しかし、マシュは「ウルクとは違う方向のような……」とエルキドゥの案内を訝しみます。「この先に、波止場があるんです。まだ船が残っていますから……」と船でのウルク行きを示唆するエルキドゥですが、ここに遂にあの男が登場します。

第1話Cパートで登場した白いフードの男、その名は花の魔術師・マーリン!「なんと! それは知らなかった!!」いかにも怪しい大袈裟な驚き方で、エルキドゥの思惑を阻みます。

マーリンはこう言います、「現在ウルクで戦線を指示しているギルガメッシュ王は不老不死の霊草探索から戻ってきた後の王様」であり、「友であるエルキドゥが死亡した事によりギルガメッシュ王は不老不死の探索を始める」、それが終わったならば「エルキドゥはとっくの昔に」……死んでいるはず、だということですね。

つまりこのエルキドゥは偽物!どうりで冒頭の様子がおかしかったわけだ!

そしてエルキドゥ、ついに本性を現します。

不敵な笑みを浮かべたかと思ったら、毒舌の嵐!

「藤丸……藤丸立香。カルデアの無能たち……。」

「ああ、でも大変惜しかった…、後少しで面白い見世物が見られたのに……」

「逃げようとしても無駄だよ、君たちは詰んでいる……」

襲い掛かるエルキドゥに「分が悪い」と判断したマーリンはお供に連れていた少女「アナ」に加勢するように指示します。「契約外だが……」と言いながらも武器の鎖鎌を使ってエルキドゥに応戦します。

迸るエルキドゥの電撃、それを弾き返すアナの鎖鎌捌き、そして盾と足技を駆使したマシュの戦闘、第1話も凄かったですが、第2話でも変わらないクオリティのアクションシーン!作画レベルが高すぎて感動しますね。冗談抜きで劇場版クオリティ!

「よりにもよって、この僕に鎖なんて?」

鎖に縁のあるエルキドゥ、自身に鎖を使った攻撃が降りかかったことに不敵な笑みで返すエルキドゥは、そのままアナやマシュを鎖で縛り上げます。藤丸立香一行大ピンチ!!と思った所で、アナは「あなたを倒す必要はない」という言葉とともに花びらに姿を変えて消え去ります。

マシュと藤丸立香は気が付くと戦線から離脱をしていました。どうやらマーリンの魔術によって、エルキドゥに幻影を見せ、離脱することに成功した模様です。

あのエルキドゥは「魔術王直属の配下」であり、「本人」というマーリン。あれっ、やっぱり偽物じゃないんですね!?

「マーリンシスベスフォウ!!」

戦闘を切り抜け、マーリンがギャグモードに入った途端、フォウくんが謎の鳴き声とともにマーリンに襲い掛かります。可愛い容姿なのにフォウくん、なかなか狂暴ですね!

 

【FGOバビロニア】第2話 Bパート マーリンの正体、そして賢王ギルガメッシュとの対面!

始まるマーリンの紹介。紹介するのは通信機ごしに興奮気味のロマニさんです(笑)

「あのアルトリア・ペンドラゴンを王として担ぎだし宮廷魔術師となった世界有数のキングメーカーにして最高峰のろくでなしが?!しかも『サーヴァント』として?!世界の終わりまで死ねないはずの『グランド』の魔術師が?!」ロマニさん……褒めてるのかけなしてるのか良くわかんないです……。

「ろくでなし」の部分で何故かアナちゃんも全力で頷いているし(笑)

「『グランド』の資格を持つ魔術師は皆、優れた『千里眼』を保有する。ソロモンは『過去と未来』を、ギルガメッシュ王は『未来を見渡す眼』を持っている!そして! そこのろくでないは一番酷い!『現在すべてを見渡す眼』を持っているが基本は『見るだけ』だ!」

「グランド」で『現在すべてを見渡す眼』を持っていて、やたらバスてんこ盛りなスキルと宝具を持っているんだからそれはもう凄いのですよ、マーリン。立香さんも「それって…、十分凄いんじゃ…?」と漏らしています。

逆に言うとこんなに凄い能力持っていてイケメンなのに、知人全員から「ろくでなし」扱いされるマーリンって……。

そして一方のアナちゃんは「聖杯の影響によって呼ばれたマスターを持たないはぐれサーヴァント」とのこと。サーヴァントにも色々あるんですねぇ。

マーリンから諸々の説明を受け、ようやく第7特異点の状況が掴めてきました立香たち。英雄王ギルガメッシュ、神と人間の間に生まれた英雄。ハチャメチャをする暴君ギルガメッシュを収めるために作られたのがエルキドゥであるということ。また、今回の旅の目的が①3女神同盟「人類抹殺」を止める事、②魔術王ソロモンが送った聖杯を探す事の2つであること。これがこの第7特異点「バビロニア」のキーになるのですね!

ついに到着した人類最古の状態都市ウルクは、物凄い活気です。シュメルが作った穀物の生産や文字の活用、泥と粘土と麦と羊の国、メソポタミア。ウルク内のメインストリートを歩く藤丸立香たちは古代都市ウルクの凄さを体感します。そしてギルガメッシュ王の座すジグラット(メソポタミアにおける祭壇)にたどり着きます。

部下からの報告を次々と捌いていく優秀な賢王ギルガメッシュ!こ、これは我々の知っているギルガメッシュとは一味も二味も違うぞ。

「あの王様相手に空気を読んではいけない」と忙しそうな英雄王ギルガメッシュの前にひょこひょこ藤丸立香を連れていくマーリン。依頼されていた石板を探し出せないのですらギルガメッシュのせいにするという不敬……っぷり(笑)

マーリンの不敬な報告をとうとうと聞いていたかと思ったら秘書のシドゥリさんを制して「この玉座をしばし汚すぞ」と宣言。

「オレは忙しい。言葉を交わして、貴様らを知る時間も惜しい程にな。……よって、戦いを以って貴様らの真偽を量る。構えるが良い、天文台の魔術師よ!」

出会いがしらに戦闘態勢の賢王ギルガメッシュ!!

というところで第2話「城塞都市ウルク」終了です。

【FGOバビロニア】第2話 感想まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第2話「城塞都市ウルク」、まずは前回から全く崩れる様子がないハイクオリティな作画、アクションシーンの描写に感動でした!また、第2話からはOP主題歌「Phantom Joke」に映像がついたのと、ED主題歌 藍井エイルさんの「星が降るユメ」が初披露。どちらも美麗なビジュアルやストーリー性が素晴らしく、放映後に録画を何度も観直してしまいました!

ゲームプレイヤーとしては、やはりマーリンとフォウくんのケンカがアニメで音声つきで観られたことと、マーリンが「手に汗握る藤丸くんの戦いを観てきた」というシーンで登場した他の特異点の思い出カットが興奮ポイントでしたね!第1話でもありましたが、今後もたまに他の特異点の面々の画を見ることができるかもしれませんね。これはありがたいファンサービス!

また、アナちゃんが藤丸立香との握手を拒んだり、でもその後に道中で兵士からの焼き菓子を貰ったりと、少しずつ人間との交流が描かれているのもイイなと思いました。

あとはウルクの描写ですね!CGを使ってダイナミックに描かれた俯瞰図や、丁寧に描写された農耕や鍛冶などの生活風景はまるでゲームの世界に入り込んだように感じられて、ワクワクしましたね!「これが第7特異点で旅した世界なんだな!」って。

次週はギルガメッシュのバトルシーンが描かれるということもあって、第3話もやはり目が離せませんね!

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』の作品情報

-STAFF-
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー:武内崇
監督:赤井俊文
制作:CLOVER WORKS
音楽:芳賀敬太・川﨑龍
音響監督:岩浪美和

-CAST-
藤丸立香:島﨑信長
マシュ・キリエライト:高橋李依
フォウ:川澄綾子
ロマニ・アーキマン:鈴村健一
レオナルド・ダ・ヴィンチ:坂本真綾

ギルガメッシュ:関智一
エルキドゥ:小林ゆう
マーリン:櫻井孝宏
アナ:浅川悠
イシュタル:植田佳奈
シドゥリ:内山夕実
牛若丸:早見沙織
武蔵坊弁慶:稲田徹
レオニダス一世:三木眞一郎


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする